選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 遊説・選挙カーについて > 選挙カーはタクシー

遊説・選挙カーについて

選挙カーはタクシー

選挙カーはタクシー?!


  新聞におもしろい記事が載っていましたので紹介します。


合併に伴い行われた市会議員選挙で、タクシーを選挙カーとして使う候補が目立っている。

手続きが簡単なうえ、合併で広くなった市内をくまなく効率よく回るために、道を知り尽くした”プロ”が重宝がられているようだ。

選挙カーの経費の一部は公費で負担されるが、レンタカーなどを使う場合、レンタカー会社、ガソリンスタンド、運転手の三つの契約が必要。

しかし、タクシーならタクシー会社との一括契約で済み、事故の際も会社で対応してもらえる

タクシー会社の一つは「プロの運転手の方がよく道を知っているので、他の候補者が行けない狭い路地にも入り込んでいける」と長所を話す。

タクシー会社も、候補者全員にダイレクトメールを送るなど営業活動を展開。
       (読売新聞より一部抜粋)



陣営にとっては選挙カーを準備する手間が省けるし、タクシー会社にとっても収入アップ、雇用拡大にもつながるので、なんていいアイデアなんだろう・・・と思わず感心してしまいました。


町村長・町村議会議員選挙以外は、選挙運動用自動車の使用に要する経費を公費負担することができます。


選挙カーを準備するにあたっては、車の手配、自動車保険の確認、運転手の確保、運転手の教育など、たくさんの手続きが必要ですが、タクシー会社に運転手付きで契約すれば、交通事故に遭ってもタクシー会社が対応してくれるし、いろいろな手間が省けて助かりますね!!


選挙の準備をされている陣営のみなさん、選挙カーをタクシー会社に依頼されませんか?


全国のタクシー会社の方、公職選挙法を理解して、営業活動されてはどうでしょうか?