選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > できること・できないこと > 期日前投票

できること・できないこと

期日前投票

平成15年12月1日から公職選挙法の改正により、
投票日前でも投票用紙を直接投票箱に入れて投票できる
期日前投票制度」が施行されました。


投票日に投票を行うのと同じように、投票用紙を直接投票箱に入れることができるようになり、投票がしやすくなりました。


以前の不在者投票では、投票用紙を内封筒及び外封筒に入れ、外封筒に署名するという手続が必要でしたが、期日前投票では不要です。


【対象となる投票】

選挙人名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会で行う投票が対象


【投票対象者】

・投票日に仕事や用務がある

・投票日にレジャーや買物にでかけるなどの予定がある
 
・病気、出産、身体の障害などにより歩くのが困難である

※ ただし、宣誓書の記入・提出が必要となります


【投票期間】

選挙期日の公示日(告示日)の翌日から選挙期日の前日までの間


【投票場所】

各市区町村に一箇所以上設けられる期日前投票所
(各役所、支所、出張所など)


【投票時間】

午前8時30分から午後8時まで

土曜日・日曜日・祝日・昼休みなど、時間内であればいつでもできます


※ 期日前投票所が複数設けられる場合、それぞれの期日前投票所の間で投票期間や投票時間が異なることがあります


※期日前投票を行った後に、他市町村への移転、死亡等で選挙権がなくなったとしても、投票した1票は有効な投票として取扱われます