選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > できること・できないこと > 商品券・ビール券などを渡す

できること・できないこと

商品券・ビール券などを渡す

選挙運動期間中かどうかに関係なく、選挙での当選を目的として、有権者や選挙運動員に対して、お金や品物を渡したり、食事やお酒をごちそうしたり、旅行や芝居・演劇・コンサート等に招待したりすることなどが、買収罪にあたります。


現金ではなく、下記のような金券を渡しても買収になってしまいます。


最近も、地方議員の方が、商品券やお米券を有権者に渡して、公職選挙法違反で逮捕されています。

 
買収は絶対にやってはいけないことです。


候補者はもちろん、運動員の方々もしっかり覚えておきましょう。


【金券の種類】


・百貨店や大型スーパーの商品券
・百貨店のプリペイドカード・取替券など
・クレジットカード会社などのギフトカード
・図書券・図書カード
・音楽ギフト券
・QUOカード
・テレホンカード
・ビール券
・お米券
・旅行券
・航空券
・航空会社株主優待券
・JR/私鉄回数券類
・鉄道会社株主優待券
・JR/私鉄/バスプリペイドカード
・有料道路回数券
・切手、はがき、EXPACK封筒、ふみカード、印紙
・食事券
・ホテル券
・コンサートチケット
・その他