選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 当選・落選(敗因分析) > 敗因分析(候補者・奥さん・家族)

当選・落選(敗因分析)

敗因分析(候補者・奥さん・家族)

なぜ落選したのか? 選挙に負けた原因を分析してみると、落選した候補者には落選する条件がたくさん当てはまるようです。

落選した候補者は、 『私の不徳のいたすところです』 と敗戦の弁を述べられます。


「不徳のいたすところ」とは、自分の不徳(徳の足りないこと。徳が備わっていないこと)のため引き起こしたこと。失敗や不都合のあったとき、謝罪の意味で使う言葉です。


選挙経験者やベテランのウグイス嬢ともなると、候補者を見ただけ・選挙事務所に入り雰囲気を見ただけで、「ここは当選するな!」「ここは落選だな?」とだいたい見当がつきます。


そこで、選挙経験者やウグイス嬢の話しをもとに落選条件をリストアップしましたので、参考にしてください。



選挙区内を隅々まで廻っていない


有権者が顔も名前も知らない・会ったこともない・握手をしたこともないのに投票するはずがありません


候補者の話すことがコロコロ変わる


リーフレットに書いてあることや、演説で話す内容が次から次へ変わっていくと、信用されなくなってしまいます。できない公約は初めから書かない・言わない


あいさつができていない


『 ○○さんは選挙の時だけ挨拶して・・・ 』 と、言われないようにしましょう


『 政治家になりたい 』 『 当選したい 』 という想いが候補者から伝わってこない


候補者から必死さが伝わってこないのに、運動員・支持者が必死になって選挙運動を応援するはずがありません


人間性に魅力を感じない


優柔不断な性格・気性が激しい・威張っている・性格が悪いなど、人間として魅力を感じない人が政治家になってもいつかはバレてしまいます


ウグイス嬢や遊説に同行している人に文句ばかり言う


候補者と遊説隊が一心同体、心を一つにして行動しないと有権者に伝わりませんよ


他の候補の悪口を言いすぎる


人の悪口ばかり言っていると、後で自分に返ってきますよ


候補者の奥さんや家族が事務所スタッフに口を出す


候補者が信頼して選んだ事務所スタッフに、奥さんや家族が口を出しすぎると、スタッフのやる気が無くなってしまいます
(選挙に必要なお金は出しても口は出さないように・・・)



選挙は候補者一人では戦えません。

候補者を支える家族、事務所スタッフ、運動員、支持者が心を一つにして全力で悔いのない戦いをした結果、神様が当選というご褒美を下さいます。

落選条件を見てもわかるように、当選するのも落選するのも候補者次第です。


政治家を志したからには、自分の政治信念・意志を貫いて、絶対に当選してください。


そして、みんなが安心して暮らせる社会になるように頑張ってください。