選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 選挙費用 > 選挙運動費用収支報告書について

選挙費用

選挙運動費用収支報告書について

選挙運動費用収支報告書は、投票日から15日以内に当該の選挙管理委員会に提出しなければなりません。


選挙が終わっても、出納責任者と、この作業を担当する方は、大事な仕事が残っていますので休息するわけにはいきません。


まずは、支払い関係をきれいに清算し、収入・支出の明細と領収書をきちんと揃えてから、収支報告書の作業にとりかかってください。


疑問・質問等は、選管に問い合わせしたり、選挙の手引書などを参考にして、期日内に提出してください。


また、総務省のサイトから、選挙運動費用収支報告書作成支援ソフトをダウンロードすることもできます。

操作マニュアルを必ずダウンロードして、お読みになったうえでご判断下さい。


総務省(選挙運動費用収支報告書作成支援ソフト)


≪ 選挙運動費用収支報告書作成支援ソフトの概要 ≫

公職の候補者の選挙運動に関する日々の収入・支出等の出納整理から、公職選挙法において作成が義務づけられている会計帳簿を作成することができ、さらに会計帳簿と連動して自動的に選挙運動費用収支報告書を作成することができる機能を有したソフト



  ≪ 選挙運動に関する収入及び支出の報告書の提出 ≫

公職選挙法 第189条 より抜粋


【第189条】 出納責任者は、公職の候補者の選挙運動に関しなされた寄附及びその他の収入並びに支出について、第185条第1項各号に掲げる事項を記載した報告書を、前条第1項の領収書その他の支出を証すべき書面の写し(同項の領収書その他の支出を証すべき書面を徴し難い事情があつたときは、その旨並びに支出の金額、年月日及び目的を記載した書面)を添付して、次の各号の定めるところにより、当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会(参議院比例代表選出議員の選挙については、中央選挙管理会)に提出しなければならない。

1.当該選挙の期日の公示又は告示の日前まで、選挙の期日の公示又は告示の日から選挙の期日まで及び選挙の期日経過後になされた寄附及びその他の収入並びに支出については、これを併せて精算し、選挙の期日から15日以内に

2.前号の精算届出後になされた寄附及びその他の収入並びに支出については、その寄附及びその他の収入並びに支出がなされた日から7日以内に

2 前項の報告書の様式は、総務省令で定める。

3 第1項の報告書には、真実の記載がなされていることを誓う旨の文書を添えなければならない。


この、収支報告書を提出しなかったり、虚偽の記載をした場合出納責任者は処罰されますので、十分に気をつけてください。


   ≪ 選挙運動に関する収入及び支出の規制違反 ≫

公職選挙法 第246条 より抜粋


次の各号に掲げる行為をした者は、3年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処する


【5の2.】第189条第1項の規定に違反して報告書若しくはこれに添付すべき書面の提出をせず又はこれらに虚偽の記入をしたとき


収支報告書は公表されます。


報告書を提出・受理されると3年間保存され、この間に報告書の閲覧を請求することができます。


選管では、たくさんの候補者の報告書を確認するため、数字の間違いはわかりますが、記載事項に虚偽があることまではわかりません。


しかし、誰かが閲覧して、報告書に虚偽の記載があったということが世間にバレてしまうと、せっかく当選したのに、政治生命が危うくなってしまいます。


『出納責任者に任せていたので、私は知りませんでした』では、済まされません。


報告書は候補者も必ず目を通すようにして、虚偽の記載がないか確認してから、選管に提出しましょう。