選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > その他 > 名刺交換のマナー

その他

名刺交換のマナー

名刺交換の時、接客・対応のマナーがきちんとできていますか?

マナーが悪いと、候補者の印象が悪くなり悪評をたてられる可能性があります。

このことは、候補者だけでなくスタッフにもいえることです。

『 あそこの候補者は、本人も悪ければスタッフも教育がなっとらん・・・ 』

なんてことを言われないためにも、名刺交換時の基本的なマナーは心得ておきましょう。




名刺入れに入れて、出しやすいところに入れておく


名刺入れも見られています。

財布や定期入れに一緒に入れたりせずに、きちんとした(センスがあるきれいな)名刺入れに充分な枚数を入れて、すぐに取り出せるところ(上着のポケットやカバン等)に入れておきましょう。

名刺入れに入らない分は、カバンの中にでも入れておいて、名刺を切らさないようにしましょう。また、予備の名刺が少なくなってきたらすぐに増刷しておきましょう。


汚れたり曲がったりした名刺は使わない


名刺は自分のことをアピールする必須アイテムです。

きちんと保管して、きれいな名刺を渡しましょう。


両手で渡して両手で受け取る


両手で持って相手の胸より下の位置で相手に読める向きにして差し出します。

決して片手で突き出すような渡し方はしないでください。

相手も同時に名刺を差し出したら、相手の方が受け取ってから自分も受け取りましょう。

黙って受け取ってもいいですが、ひとこと「頂戴いたします」とか「ありがとうございます」と言い添えるといいでしょう。


必ず立って交換する


座ったまま名刺を渡すのはマナー違反です。椅子に座っていた場合は、必ず立って相手の近くに行き名刺を渡しましょう。


自分から先に名乗りあいさつをする


一般的には、目下の者や訪問した方から先に名刺を差し出すのが原則ですが、候補者の場合は、自分からあいさつに行き相手より先に名刺を渡しましょう。


先に名刺を出されたら


「遅れまして申し訳ございません」と、一言ことわってすぐに自分の名刺を差し出しましょう。


名刺をよく見ましょう


受け取った名刺は、左手に持っている名刺入れの上にのせてゆっくり目を通してください。

読みの間違いがないように、その場で確認して後でふりがなをふっておきましょう。

相手の事を忘れないように、名刺交換した日付・相手の特徴・情報等を名刺に書き込んでおくといいでしょう。