選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 印刷物について > 名刺について

印刷物について

名刺について

たった1枚の名刺でも効果のある印刷を・・・

人に出会った時、自分をアピールする最も手軽な手段が名刺です。

両面の小さなスペースを見て、候補者の意図、何か感じるものが伝わり「なるほど、そうだ」と納得すれば有権者は投票してくれます。

小さな紙切れ1枚ですが、当選に導いてくれる大切な印刷物です。

すぐに捨てられないように、目的を考えて作成しましょう。


名刺に印刷する項目として


   なまえ (ふりがな)
   写真
  簡単なプロフィール・経歴
   主な政策
   キャッチコピー
  連絡先
    (住所、電話・FAX番号、メールアドレス、ホームページURL等)



上記全ての項目を、あれもこれもと欲張って小さなスペースにいろいろな情報を入れてしまうと、文字が小さくなってしまいますので、ご年配の方にも見やすいように配慮した構成を心がけて下さい。


また、裏面にでも、簡単なメモ書きができるくらいの空白のスペースをつくっておくと便利です。


訪問先が留守の場合は、「○月○日 ○時 ご挨拶にお伺いいたしました」などと、用件を手書きで書いておくだけでも、相手に伝わるイメージが変わってきます。


政治団体(後援会)を拡大するための活動の一つとして、リーフレットやチラシを作成することができますが、その場合は【討議資料】という記載が必要です。


最近は、2つ折りや3つ折り、観音開きなどの名刺を利用される方も多いようなので、名刺にも【討議資料】もしくは 【後援会討議資料】と記載しておきましょう。



名刺交換の時、接客・対応のマナーがきちんとできていますか?

マナーが悪いと、候補者の印象が悪くなり悪評をたてられる可能性があります。

このことは、候補者だけでなくスタッフにもいえることです。

『 あそこの候補者は、本人も悪ければスタッフも教育がなっとらん・・・ 』

なんてことを言われないためにも、名刺交換時の基本的なマナーは心得ておきましょう。


名刺交換のマナーについてはこちらからどうぞ