選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 印刷物について > 選挙運動用ポスターについて

印刷物について

選挙運動用ポスターについて

≪ 1枚のポスターに候補者の想いを込めて心に届く印刷を・・・≫

・ 「会ったこともない、名前も知らない」という人には、顔と名前を覚えてもらう


・ 「誰に投票しようかな?」と悩んでいる人には、候補者の人間性をアピールする


たった1枚の印刷物ですが、ポスター掲示場で堂々とアピールして有権者に訴えるという大事な役割があります。


たくさん掲示してあるポスターの中で、何か感じるものが伝わり「なるほど、そうだ」と納得すれば有権者は投票してくれます。


写真・名前・キャッチコピー・政策などの配置、バランスも考えて、有権者の心に届くポスターに創りあげてください。


規格について


ポスターの大きさは、( 長さ 42cm ・ 幅 30cm ) を超えなければ、形に規制はありません。

ですから、円形・ひし形・三角形など、どのようなポスターを作成しても違反にはなりません。


記載内容について


ポスターの表面に、掲示責任者と印刷責任者の住所・氏名(法人であれば会社名)を記載しなければなりません。


特に、内容についての制限はありませんので、写真・名前・キャッチコピー・公約・演説会の告知など自由に表現できます。


くれぐれも、虚偽事項、利害誘導等の記載をしないように注意して下さい。


掲示場所


選挙ポスターは、公営のポスター掲示場毎に1枚しか掲示することができません。(貼り替え自由)


ですから、電柱や塀、個人の家や外壁などに掲示したら違反になります。


ポスターの枚数


公営掲示場しか掲示できませんので、選挙管理委員会に問い合わせをして掲示場所の数を確認しておきましょう。


(選挙前には、選挙管理委員会より、ポスター掲示箇所の一覧表と地図が交付されます)

その枚数を確認した上で、予備のポスターを含めた枚数を作成したらいいでしょう。


【 印刷するときの注意 】


ポスターの用紙はユポ紙を使用しましょう。

ユポはポリプロピレンを主原料としています。素材自体が耐久性や耐水性、耐油性に優れているため、大切なポスターを雨や風から守り、長持ちさせます。 (濡れても安心)


防水加工を忘れずに

耐光インクを使用しましょう


印刷屋に注文しないで、パソコンで作成し印刷したポスターを防水対策として、ラミネート加工しようと考えている方は、ラミネート加工した部分を含めて大きさが(長さ 42cm ・ 幅 30cm) を超えなければ、特に問題はありません