選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 事務所について > 選挙事務所の盗聴・盗難対策

事務所について

選挙事務所の盗聴・盗難対策

東京都議選挙・衆議院選挙もいよいよ秒読み!

選挙事務所にはたくさんの方々がいますが、決して良い方ばかりではありませんよ・・・

常に、選挙事務所や自宅は盗聴されているかもしれない?!という危機感をもっていた方がいいです。


今や盗聴器は誰でも簡単に手に入れることができます。


事務所には毎日、不特定多数の人が出入りするため、なかにはスパイがいるかもしれません。


「あの人が怪しいかも・・・」と疑いを抱くまえに、盗聴・盗難されないように努めて下さい。


まずは、盗聴発見器を準備して、事務所内と特に電話線沿いを隅々までチェックし、念のために自宅もチェックしましょう。


特に心配な方には、全国ネットワークで迅速対応の【盗聴バスターズ】という会社もありますので、下記HPからお入り頂きご確認下さい。


盗聴バスターズはこちらから ⇒ 盗聴器発見・盗聴調査の盗聴バスターズ


スタッフが事務机から離れる時は、机に置いている書類などは引き出しにしまいましょう。(勝手に書類をコピーしたりする人もいます)


  大事な物は事務所に置かない
  不要な書類はシュレッダーにかけて処分する
  机やロッカーは鍵をかける

以上のことは、常に心掛けて下さい。


また、自宅を選挙事務所にする場合も大事な物は違う場所に移動し、鍵をかけるくらいの用心はしておいた方がいいでしょう。(何か持って帰る人がいるかもしれません)


※もしも・・・に備えて、選挙期間中だけでもスタッフが帰る時間帯から朝方まで、警備会社に警備を依頼された方がより安心・安全です。