選挙(ネット選挙)や公職選挙法(選挙違反)に関する情報、選挙事務所の準備、選挙運動のアドバイスなど選挙に役立つ選挙情報サイトです

選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト > 事務所について > 神棚の祀り方

事務所について

神棚の祀り方

選挙事務所を借りたりプレハブを建てたら、一番に神棚を準備しお祓いをしてもらい適切な場所に設置しましょう。

(事務所開きの日程が決まっている場合は、その時に神棚をお祓いしてもらってもいいでしょう)


神棚は、最上階(または上に上階の床のない箇所)の天井近くに南向きか東向きにお祀りします。

ただし、人の往来の多い場所や、階上がある場合、ちょうど神棚の上を人が行き来する場所はさけた方がいいでしょう。

一般に、目線よりも高い位置、座敷や居間の鴨居などを利用して棚を作り、その中央に神殿を構えます。

最上階の設置が困難な場合は、「天」または「雲」と書いた紙を天井に張り、その下に設置します。

できるだけ明るくて清らかな、環境のよいところを選んでお祀りすればよいでしょう。


神殿の両側には、繁栄の象徴である榊(さかき)を活けます。

そして、神聖な場所を示すために神殿の正面に注連縄(しめなわ)を張ります。

神殿の前には祭器具を置き、神さまがお召し上がりになる、お米・お塩・お水・お酒をお供えします。

お供えした後は、お下がりとして家族でいただきます。

水および榊の水は毎朝、それ以外は月に2度(通常は1日と15日)新しいものに取り換えましょう。


神札を納める宮形には、神札を入れる箇所が3箇所のものと1箇所のものとがあります。

3箇所ある場合は、中央に伊勢神宮のお神札である神宮大麻(じんぐうたいま)、向かって右側に氏神さまのお神札、そして左側に崇敬する神社のお神札を納めます。

1箇所の場合は、一番手前に伊勢神宮のお神札、後ろに氏神さま、次に崇敬する神社のお神札を順に重ねて納めます。


お参りの仕方は、神社の参拝と同じで「二拝二拍手一拝」です。

朝はみんなの健康と安全を願い、一日の終わりには平穏無事に過ごせたことに感謝してお参りします。

また、お祝いごと・うれしいことがあったときなどは、その都度神棚にその喜びをお伝えし、神の恩恵に感謝してお参りしましょう。


神棚について


神棚(かみだな)は、家や事務所などにおいて、神道 (しんとう)の神を祀るための棚である。


・神道とは・・・日本の民俗的な信仰体系であり、日本固有の多神教の宗教


神棚には3種類ある


一般的に見られるのは小型の神社を摸した宮形(みやがた)の中に伊勢神宮や氏神、信仰する神の神札(お札)を入れるもので、これは札宮(ふだみや)といい、狭義にはこれを神棚と呼ぶ。

神職の家など神式で葬儀を行う家には、仏教の仏壇に相当する祖先の霊を祀るための神棚があり、これは御霊舎(みたまや)という。

他に、神札ではなく実際に神そのものを祀る神棚もある。


            フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より