選挙知識

期日前投票と不在者投票制度の違いとは何?大学生や高校生でもできるの?

「ちょっと『不在者投票』に行ってくるわ」というおじいちゃん。

 

仕事や旅行などで投票日の前日までに投票することを、以前は「不在者投票」といっていました。

 

しかし、いつからか「期日前投票(きじつぜんとうひょう)」といわれるように。

※マスメディアによっては、「きじつまえとうひょうせいど」と読まれることもあります

 

気になって調べてみると、「期日前投票」だけでなく「不在者投票」の制度も依然として存在しています。

 

そこで今回は、「期日前投票」と「不在者投票」の違い、さらにその対象者について解説してまいります。

 

期日前投票と不在者投票の違いって?

以前は不在者投票に含まれていた期日前投票。

 

この当時の不在者投票は、記載した投票用紙を内封筒、外封筒に入れてから署名するなど、大変煩雑なものでした。

 

そこで、2003年の公職選挙法の改正により、期日前投票の制度が新設。

 

以下のように変わりました。

画像引用元:http://www.city.takarazuka.hyogo.jp

 

※期日前投票のやり方や宣誓書の書き方などについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています

期日前投票のやり方と宣誓書が必要な理由は?様式・書き方もチェック

 

しかし、法改正前からの名残で、「期日前投票」というべきところを「不在者投票」といってしまう人も少なからずいるようです。

 

ところで、「期日前投票」と「不在者投票」とは何が違うのでしょうか?

 

最近よく耳にする「期日前投票」とは、

選挙期日に仕事や旅行など一定の事由に該当すると見込まれる人が、選挙人名簿登録地の市区町村で行う投票を対象に、選挙期日前であっても投票期日と同じように投票できる制度

をいいます。

 

期日前投票の期間は、公示(告示)翌日から投票日の前日までで、市区町村ごとに設けられた期日前投票所で投票を行えます。

 

事前申請は必要なく、投票所入場券を持参、入場券がなくても運転免許証などの身分証明書を提示すれば投票可能です。

 

 

一方、「不在者投票」とは、

出張や旅行などの一定の事由により、選挙期間中に選挙人名簿登録地外の市区町村に滞在しているため選挙期日の投票だけでなく期日前投票もできない人が投票日前に滞在地の選挙管理委員会で投票する制度

です。

 

画像引用元:https://www.city.kasaoka.okayama.jp

 

なお、自宅などで投票用紙に記載したり、不在者投票証明書用封筒を開封したりすると投票することができなくなるので、気をつけましょう。

 

この不在者投票が期日前投票と大きく異なる点は、事前に選挙人登録地の市区町村の選挙管理委員会に「不在者投票宣誓書兼請求書」を提出し、投票用紙等を郵便で請求しなければなりません

 

 

この「不在者投票宣誓書兼請求書」は、ほとんどの市区町村の選挙管理委員会ウェブサイトで様式がダウンロードできます。

 

郵送はOKですが、メールやFAXはNGですので、気をつけましょう。

 

滞在地の選挙管理委員会で不在者投票後、投票用紙が登録地市区町村の選挙管理委員会に郵送され、投票日に投票所に送られます。

 

投票用紙が投票日の投票所閉鎖までに投票所へ届かなかった場合、その投票は無効に。

 

したがって不在者投票をするのであれば、早めに申請を行い、投票用紙が届き次第、早めに投票を行ってくださいね。

 

また、選挙期間中に名簿登録地外の市区町村に滞在している人が対象で、滞在地の選挙管理委員会で投票するという点も期日前投票との大きな違いといえるでしょう。

 

なお、転居して3ヶ月経たない人で旧住所地に行けない場合も不在者投票が利用できます。

 

さらに、不在者投票には

  • 病院などでの不在者投票:指定病院や老人ホームなどの指定施設の入院患者や入所者が対象で、施設等で投票できる制度
  • 郵便等による不在者投票:重度の身体障害がある人や介護保険で要介護5の認定を受けている人が対象で、自宅等で投票し郵便等で送付できる制度

もあります。

 

期日前投票や不在者投票って高校生や大学生でもできるの?

 

高校や大学進学で実家から住民票を移さず、選挙人登録地外の市区町村に在住している人も多いですよね。

 

選挙があるけど、バイトがあるし実家に帰れない…」と、結局投票に行かない人も少なくないようです。

 

実家に帰らなくても、今住んでいる市区町村の選挙管理委員会で不在者投票が行えます。

 

不在者投票については、先ほど詳しくご紹介しているのでご参照くださいね。

 

選挙人登録地の選挙管理委員会への申請が必要なのと、投票用紙等は投票日の投票所閉鎖までに届かないと無効になるので、余裕を持って手続きしましょう。

 

高校生でも大学生でも、18歳以上であれば期日前投票や不在者投票は可能です。

 

しかし、まだ17歳だけど投票日までに18歳になるという人の場合、期日前投票は注意が必要です。

 

17歳であれば投票用紙を投票箱に入れる期日前投票はできませんが、例外的に不在者投票は可能なんです。

 

投票日に都合で投票できないのであれば、選挙管理委員会に申請して不在者投票を行うか、18歳になってから期日前投票をしましょう。

 

日本国外に滞在中でも投票できるの?

 

「海外に留学しているんだけど投票できるのかな…」と思っていませんか?

 

仕事や留学などで海外に在住している人は「在外選挙制度」で投票できるんです。

 

この在外投票の対象者は、

日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を持っている人です。

 

在外選挙人名簿への登録の申請には、下記2つの方法があります。

  • 「出国時申請」:出国前に国外への転出届を提出する場合に市区町村の窓口で申請する方法
  • 「在外公館申請」:出国後に居住している地域を管轄する日本大使館・総領事館(出張駐在官事務所を含む)に申請する方法

 

在外公館申請は、在外公館の管轄区域内に引き続き3カ月以上住所を有していることが条件でした。

 

ところが、2018年6月から出国時申請が新設。

 

在外公館申請と異なり、国内の選挙人名簿から在外選挙人名簿へと登録の移転の手続きであり、管轄区域内に引き続き3カ月以上住所を有するという要件が必要ないのが大きなポイントです。

 

在外選挙制度は次の3つの投票方法があります。

  • 「在外公館投票」:在外公館で投票
  • 「郵便等投票」:郵便等で投票
  • 「日本国内における投票」選挙の際に一時帰国した人や帰国後間もないため国内の選挙人名簿にまだ登録されていない(住民票の作成後3か月間)人が行う投票。「在外選挙人証」を提示すれば投票可能。

 

また、不在者投票には下記のような制度も。

  • 国外における不在者投票
    法律の規定に基づき国外に派遣される組織のうち、総務大臣により「特定国外派遣組織」として指定された組織に属する選挙人が、国外において不在者投票管理者(当該組織の長)の管理の下で行う投票制度で、全ての国政選挙・地方選挙が対象です。

 

  • 洋上投票
    一定の業務や航行区域を持ち、日本国外の区域を航海する船舶(指定船舶)に乗船する船員のためには、何通りかの不在者投票制度手続があります。このうち、船舶からファクシミリによって投票するのが「洋上投票」です。洋上投票には、ファクシミリ投票用紙の交付を受けるなど、事前の手続が必要です。洋上投票の対象は、衆議院議員総選挙および参議院議員通常選挙です。

 

  • 南極投票
    国の行う南極地域における科学的調査の業務を行う組織に属する選挙人が、ファクシミリによって投票する制度です。南極投票の対象も、洋上投票と同様に衆議院議員総選挙及び参議院議員通常選挙です。

 

あらゆる人が投票できるよう、制度が整えられているんですね。

まとめ

今回は、期日前投票、不在者投票の制度について詳しく解説しました。

 

住民票を移さず、高校や大学進学で実家から離れて暮らしている人も、一票を無駄にすることなく不在者投票を活用してくださいね。

 

仕事や留学で海外に滞在していても在外投票制度があります。

 

投票は有権者が政治に参加できる重要な手段です。

 

政治をより身近なものにするためにも、ぜひ棄権することなく投票に行きましょう!

▼第25回参議院議員選挙|全国選挙区別開票結果一覧▼

3人区以上
東京都選挙区
千葉県選挙区
神奈川県選挙区
埼玉県選挙区
愛知県選挙区
大阪県選挙区
北海道県選挙区
兵庫県選挙区
福岡県選挙区
2人区
茨城県選挙区
静岡県選挙区
京都府選挙区
広島県選挙区
1人区
青森県選挙区
岩手県選挙区
宮城県選挙区
秋田県選挙区
山形県選挙区
福島県選挙区
栃木県選挙区
群馬県選挙区
新潟県選挙区
長野県選挙区
山梨県選挙区
富山県選挙区
石川県選挙区
福井県選挙区
岐阜県選挙区
三重県選挙区
滋賀県選挙区
奈良県選挙区
和歌山県選挙区
鳥取・島根県選挙区
岡山県選挙区
山口県選挙区
徳島・高知県選挙区
香川県選挙区
愛媛県選挙区
佐賀県選挙区
長崎県選挙区
熊本県選挙区
大分県選挙区
宮崎県選挙区
鹿児島県選挙区
沖縄県選挙区
error: Content is protected !!