市長選挙

勝浦市長選挙2019開票速報と結果 立候補者の公約と出口調査・情勢を調査

2019年7月7日に千葉県、勝浦市長選挙が執行されます。

本記事では勝浦市長選挙2019の開票速報、開票結果をお知らせすると共に、立候補者の経歴プロフィールや公約(マニフェスト)、情勢予想、投票率、当選者落選者の得票数についてもご紹介します。

※開票結果は地元自治体の選挙管理委員会やNHKなどの当確出口調査・開票速報などが発表され次第追記します

 

2019年の勝浦市長選挙の立候補者はいずれも無所属で、3選目当選を目指す現職市長の猿田寿男氏(70)と、新人で元市議の土屋元氏(70)の2名です。

勝浦市長選挙2019の開票結果速報・NHK当確最新情報など

勝浦市長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第随時こちらに追記していきます。

※自治体の選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の当確出口調査情報などが入り次第随時更新

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
4,125猿田 寿男70無所属勝浦市長
当選5,349土屋 元70無所属無職、元市議
  • 執行理由:任期満了
  • 定数・立候補者数:1 / 2
  • 有権者数:
  • 投票率:61.65%
  • 開票時間:即日開票
  • 開票場所:








勝浦市長選挙2019の立候補者の経歴・公約は?

猿田 寿男(さるた ひさお)の経歴やプロフィール

  • 名前:猿田 寿男(さるた ひさお)
  • 現年齢:70
  • 性別:男
  • 党派:無所属・現
  • 肩書き:現市長
  • 学歴:明治大学法学部卒
  • 職歴:千葉県庁職員、千葉商工会議所専務理事、副市長、市長

簡単な経歴

千葉県庁に入庁後、知事秘書や商工労働部長など要職を歴任。

千葉商工会議所専務理事就任後、2011年4月に勝浦市副市長に就任。

同年6月市長の死去に伴い行われた市長選で無投票初当選、2期務め今回3選を目指す。

 

主な公約・政策主張

県とのパイプを生かし、市の財政状況を見ながら地元の財産を生かし、市民の意見を取り入れながら素晴らしい勝浦を作っていく。

勝浦シーサイドパークリゾートの早期建設を推進

…観光振興や雇用確保、経済波及効果に期待

認定こども園で病後児保育

幼稚園跡地に「かつうら放課後ルーム」建設

給食費の一部助成

…子育て支援や教育環境の充実を図る

朝市の活性化や勝浦漁港市場の整備

…中心市街地の活性化に取り組む

土屋 元(つちや はじめ)の経歴やプロフィール

  • 名前:土屋 元(つちや はじめ)
  • 現年齢:70
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:元市議
  • 学歴:専修大学法学部卒
  • 職歴:東急不動産社員、市議(4期)、市副議長、「市政を刷新する会」副会長

簡単な経歴

東急不動産に入社後、ゴルフ場開発やホテル開発を担当。

2003年の市議選で初当選4期務め、会派「姿勢を刷新する会」副会長を務めた。

自民党支部幹事長を務めたが、現在は離党している。

 

主な公約・政策主張

民間企業での経験を生かし、市民の意見や不満をよく聞いて、命を懸けて改善に取り組むことが勝浦市を創生できる。大手デベロッパーの知恵を借り、勝浦を良品質で居心地のいい町にしていく。

水道料金を3割引き下げる

…住みやすさを向上させる

学校給食費の無料化、高校生までの医療費を無料化する

市内循環バスの運行、福祉タクシー券を配布する

…子どもと高齢者の福祉を充実させる

地域産業のパワーアップ

…水産物のブランド化を推進させ、市の魅力を市内外にPRする

市長の給料を20%カットする

…自ら身を切ることで市政の刷新を進める








勝浦市市長選挙2019の情勢予想・当確予想は?

勝浦市では8年ぶりの市長選です。

前回の2011年2月は新人4氏が立候補をして、山口氏が初当選を果たしました。

結果得票数氏名党派年齢
当選5,141山口 和彦無所属・新59
2,908水野 正美無所属・新74
2,221高梨 竹雄無所属・新63
1,338磯野 武無所属・新58

 

猿田氏は山口氏の下で副市長を務め、山口氏死去後行われた2011年7月の市長選から立候補し、2015年に続いて今回が3回目の立候補です。

過去2回は無投票で当選しており、今回が初めての選挙戦です。

 

国や県との強いパイプを生かし行ってきた、産廃処理場の建設阻止や芸術文化交流センター「キュステ」の建設など2期8年の実績を全面に押し出しての選挙戦となりそうです。

 

一方の土屋氏は市議を4期、副議長を務めた実績があり、勝浦市内での知名度はあると思われます。

2003年の市議選で初めて立候補して定数22の中で2位当選、2007年が定数18で17位、2011年が定数18で6位、2015年が定数16で9位と2007年を除けば安定した選挙戦を展開しています。

リゾート開発をしていた経験から房総半島をアメリカ・フロリダ半島のように世界に通用する地にしたいと夢を語っています。

 

過去2回が無投票だったため、現状の猿田氏の支持率を数値化して見ることができません。

しかし、市長としての実績に加え、現在進行形の事業を公約に入れていることから現職市長としてのアドバンテージが感じられます。

猿田氏が一歩リードしているのではないでしょうか。

 

継続か刷新か。8年ぶりの市長選が行われる勝浦市。地域の魅力を高め、全国各地で課題となっている人口減に歯止めを掛けられるか、皆さんの一票に掛かっています!!

同日執行の選挙

勝浦市長選挙2019と同日に執行される主な選挙は以下の通りです。

error: Content is protected !!