参議院選挙

参議院選挙2019秋田県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から秋田県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので投開票までの参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【秋田県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019秋田県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち中泉 松司40自民参院議員(1期)、秋田県議(2期)
開票待ち寺田 静44無所属元国会議員秘書
開票待ち石岡 隆治45N国元自衛官

参議院選挙2019【秋田県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の秋田県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

秋田県選挙区の定数は1で、立候補者数は3名となります。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 寺田静(無所属)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった秋田県選挙区は、今回は野党統一候補 無所属の寺田静氏が当選し、野党側が雪辱を果たすと予想します。

 

 

秋田県では、秋田へのイージス・アショアの配備計画があること自体が野党に追い風なのに加え、防衛省報告書の不備なども重なり、野党共闘側がかなり有利に選挙戦を戦えると思われます。

 

また、秋田県では野党共闘各党間でのメディアで報道されるほどの大きな確執もないため、各野党の支持層から確実に票を集めることが期待できるでしょう。

 

今回立候補の寺田静氏は、無所属で立憲民主党会派の衆議院議員 寺田学氏の妻で、夫である寺田学氏などの議員秘書をつとめていた方です。

 

夫である寺田学氏は決して選挙に強い議員ではありませんが、ご夫妻の出身地である横手市を含む衆議院秋田3区地域や、出馬を続けていた大票田の秋田市を含む衆議院秋田1区では一定の知名度があるため、静氏もその恩恵を受けることも期待できます。

 

対する自民党現職 中泉松司氏の2期目の当選は実現せず、次点となると予想します。

 

前回2016年参院選の秋田選挙区での与野党一騎打ちは、東北6県で唯一自民党が勝利しました。

 

ですが、秋田でのそもそもの与野党の集票力は互角であり、当選した石井浩郎氏が5万票以上の差をつけて勝つことができたのは石井氏自身の元プロ野球選手としての知名度があったからこそです。

 

中泉氏には、石井氏ほどの知名度・存在感はありませんので、大きな懸案事項がなくても与野党大激戦が免れない状況でした。

ところが、今回はイージス・アショア配備問題という大きな懸案事項が直撃してしまっていますので、このような状況で得票を伸ばすのはなかなか厳しいと思われます。

 

ちなみに、中泉陣営にとってポジティブな内容として、2016年参院選と違い今回は幸福実現党が候補者を擁立していないことが上げられます。

幸福実現党候補は2016年参院選で1万1000票余りの得票を獲得しましたが、党の政策・公約などから見るに主に与党側の得票を削っていたと考えられるからです。

 

ですが、幸福実現党が擁立しないことから享受するメリットだけでは野党との差は埋められないだろうと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019秋田県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

秋田県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年に東北6県で唯一自民党候補の勝利となった秋田県選挙区ですが、今回はイージス・アショア配備問題もあり、野党統一候補が優位に選挙戦を進めると予想されます。

ただ、自民党も安倍首相、小泉進次郎議員をはじめ大物を続々宮城県に送り込み追い上げを目指しており、最後まで目が離せません

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!