参議院選挙

参議院選挙2019青森県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)の青森県選挙区の最新の出口調査及び開票速報・確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数など網羅していきますので投開票への参考情報としてくださいね。

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【青森県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019青森県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち小山 日奈子53N国元衆院議員秘書
開票待ち滝沢 求60自民参院議員(1期)、青森県議(5期)
開票待ち小田切 達61立憲弁護士

参議院選挙2019【青森県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の青森県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

青森県選挙区の定数は1で、立候補者数は3名です。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 滝沢求(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった青森県選挙区は今回も大接戦となりますが、今回は自民党現職の滝沢求氏が再選し、与党側が雪辱を果たすと予想します。

 

滝沢求氏は2013年参院選で26万票、51%の得票率で初当選し、今回は2度目の挑戦です。

地盤とする八戸市周辺で滝沢氏は非常に強く、青森県全体で見ても一定程度の知名度を持ちますので、今回も同水準の得票を獲得できるでしょう。

 

また、2016年参院選での与野党一騎打ちと違い、今回は幸福実現党が候補者を擁立していないことが滝沢氏に有利に働くと思われます。

 

幸福実現党候補は2016年参院選で1万8000票余りの得票を獲得しましたが、党の政策・公約などから見るに主に与党側の得票を削っていたと考えられるからです。

 

ちなみに、2016年の与野党対決は野党統一候補の勝利でしたがその差は8000票に過ぎず、幸福実現党が候補者を立てていなければ勝ち負けが入れ替わっていた可能性も十分あるのです。

 

一方、野党統一候補で立憲民主党の小田切達氏は、新人候補であるのに加えて候補者調整が5月下旬までかかってしまったこともあり、知名度の低さが最大のウィークポイントです。

 

2016年参院選で野党統一候補は勝利を収めましたが、ここ10年来衆院選で衆議院議長 大島理森氏と激戦を繰り広げ知名度の高い田名部匡代氏が候補者だったから、という今回とは異なる有利点をもっていました。

 

また、6月の青森県知事選では、与党系の現職知事に対し市民連合が共産党系の候補者を擁立しましたが、野党側はトリプルスコアでの惨敗であり、野党の協力はまったく機能していなかったと言えます。

 

このように、野党共闘に悪条件が揃う中、野党共闘は果たして無名の新人である統一候補を勝利に導くことができるのか?

野党共闘の真の力が試される選挙区であるとも言えるでしょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019青森県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

青森県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

前回野党統一候補は東北6県での与野党一騎打ちでは5勝1敗で、ここ青森でも大接戦で勝利を収めました。

野党統一候補が連勝するのか、与党が雪辱を果たすのか、今回も僅差の大接戦となるのは間違いなく最後まで目が話せません。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!