参議院選挙

参議院選挙2019千葉県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

こちらの記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から千葉県選挙区開票速報及び確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

また、立候補者名一覧と終盤情勢からの当落予想、当選者落選者の得票数など網羅していきます。

選挙イヤーとなる2019年で最も注目される参議院選挙の結果を随時お届けします。

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【千葉県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019千葉県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち石井 準一61自民参院議員(2期)
開票待ち長浜 博行60立憲参院議員(2期)
開票待ち豊田 俊郎66自民参院議員(1期)、八千代市長(3期)
開票待ち門田 正則72安楽元船橋市議(3期)
開票待ち浅野 史子48共産党千葉県副委員長
開票待ち平塚 正幸37N国ユーチューバー

参議院選挙2019【千葉県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の千葉県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 長浜博行(立憲民主党)
  2. 石井準一(自民党)
  3. 豊田俊郎(自民党)

まずはトップ当選ですが、立憲民主党の長浜博行氏と自民党の石井準一氏の2人で激しいトップ争いが行われ、その結果1位長浜博行氏、2位石井準一氏という結果になると予想します。

前回2016年参院選では、旧民進党は小西洋之氏と水野賢一氏の2名を擁立し票が分散したため、小西氏のみが最下位でぎりぎり当選という結果に終わりました。

 

ですが、今回立憲民主党は長浜氏のみを擁立し、分裂した国民民主党は独自候補の擁立を見送り長浜氏を推薦するという枠組みとなったため、票の分散が避けられ優位な戦いを展開すると思われます。

 

しかも、2016年参院選で旧民進党が得た小西氏と水野氏の票の合計はトップ当選だった猪口氏を上回っていますので、今回は長浜氏のトップ当選が最有力と見ます。

 

一方、2013年参院選でトップ当選だった石井準一氏は、文春砲でのスキャンダル報道というネガティブ要素もあるものの、参議院予算委員会で存在感を示していることもあり地盤の県南部での支持は依然強固です。

 

したがって、長浜氏とトップ争いを繰り広げられる前回並の票を獲得する可能性が高いです。

 

続いて3位は、自民党の豊田俊郎氏と共産党の浅野史子の争いとなり、その結果豊田俊郎氏が当選すると予想します。

 

元八千代市長の豊田氏は2013年参議選初当選で今回は2期目の挑戦ですが、同じ自民党でも石井氏と比べて地盤が弱くやや苦戦となるでしょう。

 

ただそれでも、千葉県で自民党は2人当選させるのに十分な集票力を持っていますので、
石井氏に極端に票が集まり過ぎなければ十分に当選圏内に入るものと思われます。

 

一方2016年参院選で35万票を獲得し次点だった共産党の浅野史子氏は、千葉県唯一の女性候補である利点をいかし前回より票を積み増すことができるのかが焦点です。

なお、千葉県選挙区では上記4名に加え、NHKから国民を守る党の平塚正幸氏、安楽死制度を考える会の門田正則氏も立候補していますが、当選圏内をうかがうことは難しいと思われます。








まとめ

以上、参議院選挙2019千葉県選挙区の開票速報・開票結果・終盤情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

2019参院選の千葉県選挙区では長浜博行氏と石井準一氏のトップ争い、豊田俊郎氏と浅野史子氏の3位争いが激しく繰り広げられるものと思われます。

 

千葉県は世論調査によれば「支持政党なし」が50%以上と無党派層の多い地域であり、選挙戦の過程でどのように支持が変化していくのか予断を許しません。

 

特に3位の当選圏争いでは唯一の女性候補の浅野氏がどれだけ無党派層の支持を集められるのかが要注目です。

開票日まで状況の変化を注視していきましょう。

error: Content is protected !!