参議院選挙

参議院選挙2019福岡県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

こちらの記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から福岡県選挙区の最新の出口調査及び開票速報・確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

 

また、立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきます。

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【福岡県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019福岡県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
開票待ち春田 久美子52国民弁護士
開票待ち川口 尚宏50N国元派遣社員
開票待ち河野 祥子39共産元直方市議
開票待ち浜武 振一53オリーブ元筑紫野市議
開票待ち下野 六太55公明元中学校教諭
開票待ち本藤 昭子77安楽会社役員
開票待ち野田 国義61立憲参院議員(1期)、元衆院議員(1期)、元八女市長
開票待ち江夏 正敏51幸福党政務調査会長
開票待ち松山 政司60自民参院議員(3期)

参議院選挙2019【福岡県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の福岡県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

福岡県選挙区の定数は3、立候補者数は9名となりました。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 松山政司(自民党)
  2. 下野六太(公明党)
  3. 野田国義(立憲民主党)

 

まずトップ当選は、自民党の現職 松山政司氏が最有力と予想します。

 

松山政司氏は当選3回で前回2013年は95万票を獲得しトップ当選でした。

その後、2017年からは1億総活躍担当大臣などを歴任しており、知名度・存在感とも抜群です。

 

ただ、4月の福岡県知事選挙で自民党は分裂選挙となったこともあり、そのしこりが心配されていましたが、現状選挙活動はうまく進んでいるようであり、分裂の悪影響は出ないものと思われます。

したがって、松山氏の当選は揺るぎないと思います。

 

次に、第2位には公明党の下野六太氏が入ると予想します。

 

2016年参院選にて福岡県選挙区での初めての公明党独自候補として擁立された高瀬弘美氏は、46万票を獲得し3位で当選しました。

今回下野氏も同程度の得票を獲得することが想定されますので、当選圏に入るのは確実でしょう。

 

続いて、第3位は立憲民主党の現職 野田国義氏、共産党の河野祥子氏、国民民主党の春田久美子の3名の争いとなり、結果として野田国義氏が当選すると予想します。

 

野田氏は元衆議院議員でもありますが、旧民主党が最も強かった2009年の総選挙でも選挙区では敗北し比例復活当選であり、決して選挙に強い議員ではありません。

また、前回2013年参院選では2位で当選しているものの獲得した票は34万票に過ぎず、2016参院選であれば当選ラインには届いていません。

 

ただ、

  • 野党で最も勢いのある立憲民主党の公認を得ていること、
  • 議席を争うであろう共産党の福岡県での集票力は20万票前後であること、
  • 国民民主党候補の知名度が極めて低いこと、

などの状況が幸いし今回の参院選では十分当選圏内に入ってくるだろうと思います。

 

野田氏は旧民進党分裂後に無所属で活動したのち立憲民主党会派に参加しましたが、野田氏が立憲民主党会派に参加したことがきっかけとなり、参議院での野党第一党が国民民主党から立憲民主党に変わったという経緯があります。

 

したがって、国民民主党議員の中には野田氏に対する反発心が強い方が多々おられるようであり、福岡選挙区での立憲民主党 vs. 国民民主党の直接対決は両党のこれまでの経緯という文脈でも注目点だろうと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019福岡県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

2019参院選の福岡県選挙区は、与党の自民党、公明党候補の当選は確実で、残り1議席を野党候補が争うという構図になると思われます。

野党からは強力な候補が出馬しておらず、現時点の政党の勢いを反映した順当な結果になる可能性が高いです。

 

ただ、選挙は水物であり思わぬ結果になった実例も多々ありますので、開票日まで状況の変化を注視していきましょう。

error: Content is protected !!