参議院選挙

参議院選挙2019福島県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

本記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から福島県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめています。

 

参院選2019福島県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてください。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【福島県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019福島県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち森 雅子54自民参院議員(2期)
開票待ち水野 さち子57無所属元福島県議
開票待ち田山 雅仁35N国会社社長

参議院選挙2019【福島県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の福島県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

福島県選挙区の定数は1で、立候補者は3名です。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 森雅子(自民党)

 

前回2016年参議院選挙に引き続き与野党一騎打ちとなった福島県選挙区は、今回は自民党現職の森雅子氏が再選し、与党側が雪辱を果たすと予想します。

 

福島県は、かつて故渡部恒三氏や玄葉光一郎氏が自民党を離党し、自民党支持層を野党に引き剥がしたこともあり、現在の与野党の集票力が拮抗している地域であり、勝敗の行方はどちらにころんでもおかしくありません。

 

しかしながら、元少子化担当大臣で現職の森雅子氏は、その知名度の高さから無党派層からの支持も分厚いため、有利な選挙戦を展開できるでしょう。

 

ただ、福島県は東日本大震災の復興スピードの遅さなどから内閣支持率が比較的低い地域でもあります。

 

そのため、選挙戦中に政権内での失言などがあれば、一気に野党側に流れが傾くリスクをはらんでいる選挙区ではあるでしょう。

 

対する野党共闘候補 国民民主党系無所属の水野さちこ氏は、森氏に届かず次点となると予想します。

 

元エフエム会津パーソナリティーの水野さちこ氏は、会津地区を中心に一定の知名度はありますが、森氏と比較すると、福島県全体での知名度の観点ではかなり劣勢です。

 

野党共闘の候補者調整は、共産党を除く野党と連合の「5者会議」で行われた後、共産党が候補者を取り下げ一本化した穏当な方法で行われたため、各野党支持層の票を確実に固めることが期待できるでしょう。

 

ですが、支持基盤を固めただけでは無党派層から多くの票を集める森氏には届きません。

したがって、選挙戦を通じ知名度・認知度をいかに上げられるかが最大のポイントだろうと思います。

 

ところで、福島選挙区は32ある与野党一騎打ちとなる1人区の中で唯一女性同士が戦う選挙区ですが、選挙戦序盤時点では女性の8割近くが森氏を支持しているという調査結果もあります。

 

このような状況の中、水野氏がいかに支持を挽回できるのか?要注目です。








まとめ

以上、参議院選挙2019福島県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

福島県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

前回野党統一候補は東北6県での与野党一騎打ちでは5勝1敗で、ここ福島でも大接戦で勝利を収めました。

 

野党統一候補が連勝するのか、あるいは知名度の高い候補を擁する与党が雪辱を果たすのか、最後まで目が話せません。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!