参議院選挙

参議院選挙2019岐阜県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から岐阜県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019岐阜県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてください。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【岐阜県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019岐阜県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち大野 泰正60自民参院議員(1期)、元岐阜県議(3期)
開票待ち梅村 慎一48立憲司法書士
開票待ち坂本 雅彦47N国会社社長

参議院選挙2019【岐阜県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の岐阜県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想です▼

  1. 大野泰正(自民党)

 

前回2016年参議院選挙に引き続き野党候補が統一され与野党一騎打ちとなった岐阜県選挙区は、自民党現職の大野泰正氏が再選すると予想します。

 

 

岐阜県では、現在の安倍政権のもとでの衆議院、参議院のすべての選挙・選挙区で、自民党が勝利をおさめています。

 

しかも、2017年衆議院選挙の岐阜4区以外のすべての選挙・選挙区で過半数の得票を獲得しているのです。

 

参議院選挙で見ると、2013年には得票率58%、50万票で大野泰正氏が勝ち、2016年には得票率53%、55万票で渡辺猛之氏が当選しています。

 

このように、岐阜県は自民党がかなり強い地域ですので、今回も自民党の大野泰正氏が有利であるのは間違いありません。

 

さらに、岐阜県選出の衆参全議員が大野氏の選挙支援を行っており、自民党各組織をフル回転させ地域の隅々までくまなく活動が行われていますので、自民支持層からの得票の取りこぼしも少ないでしょう。

 

また、大野氏の父は大野明氏、祖父は大野伴睦氏と、いずれも過去に衆議院議長を務めた大物政治家であり、岐阜県内での知名度の高さも折り紙付きす。

 

そのため、無党派層からの支持も厚く、目につく死角はないと言っていいと思います。

 

対する野党統一候補 立憲民主党の梅村慎一氏は、力及ばず次点に終わると予想します。

 

 

梅村慎一氏は、立憲民主党、国民民主党、連合岐阜の3者の合意で擁立した統一候補です。

 

その後、共産党、社民党系の市民団体「ピースハートぎふ」との合意により支援を受ける形となっています。

 

野党共闘の活動自体は活発で、反自民・反安倍政権層から一定の支持を集めていますが、相手候補が強いこともあり伸び悩んでいるようです。

 

このような逆境を跳ね返し野党共闘をさらに活性化させ、岐阜県で野党統一候補が自民党に勝つことができるのか?一層注目していきましょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019岐阜県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

岐阜県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

ただ、岐阜県は自民党がかなり強い地域であり、しかも自民党候補者の知名度も高いため、野党統一候補が勝利をおさめるのはかなり厳しいでしょう。

 

しかしながら、いままでに私達は何度も思わぬ番狂わせを実際に見てきています。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!