参議院選挙

参議院選挙2019群馬県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から群馬県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019群馬県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【群馬県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019群馬県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
開票待ち清水 真人44自民元群馬県議(2期)
開票待ち斎藤 敦子51立憲元大学准教授
開票待ち前田 みか子47N国介護士

参議院選挙2019【群馬県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の群馬県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

群馬県選挙区の定数は1で立候補者数は3名です。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 清水真人(自民党)

 

山本一太氏の群馬県知事選へのくら替えにより新人同士の与野党一騎打ちとなった群馬県選挙区は、自民党の清水真人氏が勝つと予想します。

 

 

群馬県は、「マドンナ旋風」の1989年参院選を除き、過去50年以上自民党候補の得票数が過半数を下回ったことのない圧倒的な自民党王国の一つです。

 

また、故福田赳夫氏、中曽根康弘氏、故小渕恵三氏、福田康夫氏など、多くの総理大臣を生み出した県でもあります。

 

近年の参議院選挙でも2013年の山本一太氏は70%以上、2016年の中曽根弘文氏は65%以上と圧倒的な得票率で勝利を収めています。

そのため、今回も自民党候補が圧倒的に有利であることを疑う余地はないでしょう。

 

自民党サイドの唯一の不安要素は、今回の候補 元群馬県議である清水真人氏の知名度が、前任の山本一太氏などに比べて遥かに低いことです。

ただ、群馬県での自民党は、衆議院議員は5人とも自民党所属であり、彼らに連なる県議会、市町村議会にも多数の所属議員がいるため、野党に比べて圧倒的な組織力を誇ります。

 

したがって、仮に選挙戦序盤は知名度の低さで苦しんだとしても、組織をフル稼働させることにより最終的にはしっかりと票を固めることになると思われます。

 

対する野党統一候補 立憲民主党の斉藤敦子氏は、厳しい戦いとなり次点に終わると予想します。

 

群馬県での野党陣営は、野党統一候補を斉藤氏に決めるのが5月下旬と大きく遅れたのに加え、組織基盤が脆弱であるため、野党共闘の効果を発揮し出遅れを挽回するのは容易ではありません。

 

しかも、国民民主党や共産党は「推薦」ではなく「支持」に留めるなど、野党各党間での温度差も表面化しています。

 

しかしながら、自民党が現職から新人に切り替わる今回の参議院選挙は、野党サイドにとっても好機のはずであり、選挙戦を通じての挽回が期待されるところです。








まとめ

以上、参議院選挙2019群馬県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

群馬県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

ただ、群馬県はかねてより自民党が圧倒的に強い地域であり、野党統一候補が勝利をおさめるのはかなり厳しいでしょう。

そうはいっても、何が起こるかわからないのが選挙であり、過去には何度も思わぬ番狂わせが起きているのも事実です。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!