参議院選挙

参議院選挙2019北海道選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から北海道選挙区の最新の出口調査及び開票速報・確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

 

北海道と言えば毎回話題になるのは鈴木宗男氏ですが、今回は日本維新の会比例代表区からの出馬です。

 

それでは北海道選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数などご紹介します。

参議院選挙2019【北海道選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019北海道選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち森山 佳則52幸福党北海道本部副代表
開票待ち高橋 はるみ65自民元北海道知事(4期)
開票待ち畠山 和也47共産元衆院議員
開票待ち岩瀬 清次66労働者元会社員
開票待ち岩本 剛人54自民元北海道議(5期)
開票待ち勝部 賢志59立憲元北海道議(4期)
開票待ち中村 治66安楽会社員
開票待ち原谷 那美35国民獣医師
開票待ち山本 貴平44N国元トラック運転手

参議院選挙2019【北海道選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の北海道選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

北海道選挙区の定数は3となります。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 高橋はるみ(自民党)
  2. 勝部賢志(立憲民主党)
  3. 岩本剛人(自民党)

まずはトップ当選ですが、自民党の高橋はるみ氏が断然最有力と予想します。

 

今年4月まで16年間北海道知事だった高橋はるみ氏は、抜群の知名度を誇り女性からの支持も厚く、まったく死角が見当たりません。

 

むしろ自民党のもう一人の候補岩本剛人氏の票を食いつぶしてしまう可能性すらあるほどで、トップ当選は揺るぎないものと思われます。

もちろん、このような状況は与党内でも周知のことでしょうから、公明票などの組織票を意図的に岩本氏に回すなどの対策はとられるでしょう。

ただ、それでもトップ当選は間違いないと思われます。

 

次に、第2位は立憲民主党の勝部賢志氏となると予想します。

 

立憲民主党は現職の小川勝也氏が、ご子息が強制わいせつで逮捕・有罪となったこともあり、出馬を断念する事態に陥っており、守りの選挙になると思われます。

 

そのため、前回2016年参院選で旧民進党が2議席を獲得したほどの成果は上げられないのではないかと思います。

もちろん、そのような逆風の中でも昔から旧民主党系の左派が強い北海道では立憲民主党が1名当選させる底力は十分に有しています。

したがって、勝部賢志氏の当選自体は確実だろうと思います。

 

続いて、第3位は自民党の2人目 岩本剛人氏と共産党の畠山和也氏の争いとなり、岩本氏が当選すると予想します。

 

元北海道議の岩本剛人氏は自民党 高橋氏には知名度ではまったく太刀打ちできませんので、与党に投じられる票をうまくわけられるかが勝負の分かれ目だと思います。

したがって、うまく分配できなければ落選ということもあり得るでしょう。

 

そして、3位を争うであろう共産党の畠山和也氏が勝てるかどうかは、共産党支持層以外にどれだけ浸透し票を集められる次第です。

過去の各党への得票数から見るに、北海道選挙区で共産党単独で当選圏内に入るのは至難の業です。

 

そのため、畠山氏が当選するためには、1人区で野党統一候補として協力している他党の支持者から票を集めてくることがどうしても必要です。

最後に、国民民主党の原谷那美氏は、知名度も低く当選圏に到達するのは厳しいだろうと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019北海道選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

2019参院選北海道選挙区は現職が1人も立候補せず、候補者が全員新人ということになりました。

 

そんな中、元北海道知事の高橋はるみ氏が圧倒的に強く、残りを立憲民主党と自民党で分け合う可能性が高いと思われます。

ただ、前回2016年の北海道選挙区では選挙戦中のメディアの世論調査で劣勢と報じられた
旧民進党議員が最終的に3位で当選するという大逆転が実際に起こっており、何が起こっても不思議ではありません。

開票日まで状況の変化を注視していきましょう。

error: Content is protected !!