参議院選挙

参議院選挙2019石川県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から石川県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019石川県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてください。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【石川県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019石川県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
開票待ち山田 修路65自民参院議員(1期)
開票待ち田辺 徹58国民オペラ歌手

参議院選挙2019【石川県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

続いて参議院選挙2019の石川県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 山田修路(自民党)

 

前回2016年参議院選挙に引き続き野党候補が統一され与野党一騎打ちとなった石川県選挙区は、自民党現職の山田修路氏が再選を果たすと予想します。

 

 

石川県は、従来から自民党の強い県ですが、一時期その力は弱まっていました。

 

なぜなら、かつて自民党竹下派分裂に関連して、元郵政大臣の故・奥田敬和氏が、自民党を離党し自民党支持層や地方議員を大きく野党側に引き剥がしたためです。

 

ただ、近年では自民党の石川県での集票力は圧倒的なレベルに復活しています。

 

その理由としては、ひとつは石川県選出議員には森喜朗元首相という強い議員がいたこと、もう一つは、故・奥田敬和後継の奥田健氏と元文科大臣の馳浩氏の長きにわたる攻防の末、馳氏が生き残った形になったことが上げられます。

 

最近の参議院選挙を見ても、2013年は65%の得票率で山田修路氏が勝利し、2016年は62%の得票率で岡田直樹氏が勝利しています。

 

したがって、今回の自民党候補である現職の山田修路氏は、地元では一定の知名度もあり県内の自民党組織もしっかりしていることもあり、死角はほとんど見当たらないと思われます。

 

むしろ、2013年の得票率65%、32万票からどれだけ上積みできるのかが焦点かもしれません。

 

対する野党統一候補 国民民主党の田辺徹氏は、当選には届かないと予想します。

 

 

元オペラ歌手の田辺徹氏は、横浜市出身でドイツに在住していた落下傘候補であり、何をおいても石川県での認知度を上げるのが最優先課題でしょう。

 

また、野党支持層の票をしっかり固める必要がありますが、石川県には立憲民主党の国会議員がいないこともあり、野党共闘の動きは鈍いです。

 

連合石川も共産党と距離をおいているとも漏れ聞こえてきます。

 

以上のような状況ではなかなか厳しいと思われますが、それでも思わぬ結果となり得るのが選挙でもあります。

 

逆境を跳ね返し石川県で野党が自民党に勝つことができるのか?要注目です。








まとめ

以上、参議院選挙2019石川県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

石川県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

ただ、石川県はかねてより自民党が圧倒的に強い地域であり、野党統一候補が勝利をおさめるのはかなり厳しいでしょう。

 

しかしながら、過去には劣勢を覆し番狂わせが起きた事例がいくつもあります。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!