参議院選挙

参議院選挙2019熊本県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から熊本県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019熊本県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【熊本県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019熊本県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
開票待ち馬場 成志54自民参院議員(1期)、元熊本県議(5期)
開票待ち阿部 広美52無所属弁護士
開票待ち最勝寺 辰也38N国建築業

参議院選挙2019【熊本県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

ここでは参議院選挙2019の熊本県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 馬場成志(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった熊本県選挙区は、自民党現職の馬場成志氏が再選すると予想します。

 

 

馬場成志氏は、熊本市議を2期、熊本県議を5期経験し、さらに熊本県議会議長もつとめた、熊本県政界で高い影響力を持つ県内での知名度も高い候補者です。

 

参議院選挙に初めて出馬した2013年選挙では、年金問題に揺れた2007年参議院選挙で旧民主党に奪われた議席を、得票率60%、45万票の圧勝という形で取り返しました。

 

県内政界での影響力の強さもあり、熊本県選出の国会議員、県議などが馬場陣営を乱れなく一枚岩で支えていますので、与党支持層からの確実な支持獲得は間違いありません。

 

また、馬場氏は、かなりの知名度がありますので、無党派層からの一定の支持も期待できるでしょう。

 

さらに、熊本地震からの復興・生活再建に関して熊本県内の自民党に批判が集まっている状況でもなく、一部の他県で見られるような地域問題での失速も考えにくいです。

 

もちろん、国政全体で見ても野党に勢いのある状況でもないため、その意味での失速もありえないでしょう。

 

以上のことから、馬場成志氏が当選する可能性は極めて濃厚だと思われます。

 

対する野党統一候補 阿部広美氏は、当選できないと予想します。

 

 

弁護士である阿部広美氏は、前回2016年参議院選挙に野党統一候補として立候補しましたが、得票率36%、23万票弱で惨敗し、今回が2度目の挑戦となります。

 

阿部氏は、4月の統一地方選挙で連合熊本と競合する共産党候補を応援したことが批判を浴び、野党共闘最大の支援組織である連合熊本からの推薦を取り消されてしまいました。

 

その結果、連合熊本は今回の選挙で自主投票という事態となっており、野党共闘の支持層からの票固めにもかなりの痛手となっています。

 

また、阿部氏は、2度目の出馬でもありそれなりの知名度があるものの馬場氏を凌駕する水準ではありません。

 

馬場氏に勝つためには、選挙戦を通じた知名度・認知度を向上させ、無党派層からの支持で先行する必要がありますが、実現性には疑問符がつくでしょう。

 

阿部氏陣営は大変厳しいとは思いますが、最後まで、推移を見守っていきましょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019熊本県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

熊本県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も自民党候補の当選が有力です。

 

ただ、選挙は度々おもわぬ結果となることがありますので、最後まで目が離せません。

 

下馬評通り与党が連勝するのか、あるいは野党が雪辱するのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!