参議院選挙

参議院選挙2019京都府選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

本記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から京都府選挙区の最新の出口調査及び開票速報・確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

立候補者の党派別情報や終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので投開票までの参考にしてください。

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【京都府選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019京都府選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち三上 隆88オリーブ元京都府議
開票待ち西田 昌司60自民参院議員(2期)、税理士
開票待ち倉林 明子58共産参院議員(1期)、元京都府議、元京都市議
開票待ち増原 裕子41立憲会社社長
開票待ち山田 彰久38N国契約社員

参議院選挙2019【京都府選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の京都府選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

京都府選挙区には定数2に対して5名の候補者が立候補しました。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 西田昌司(自民党)
  2. 倉林明子(共産党)

 

まず、トップ当選は自民党の現職 西田昌司氏が最有力と予想します。

https://twitter.com/j_shoujinishida/status/1151673816508035072

 

前回2013年参院選でトップ当選だった西田氏は、国会質問やテレビ番組への出演も多いため知名度も高く、その存在感は無党派層にも広く浸透しています。

したがって、2013年参院選で獲得した39万票から大きく得票を減らすことは考えづらく、当選することは確実でしょう。

 

次に第2位は共産党の現職 倉林明子氏と立憲民主党の増原裕子氏の激しい争いとなり、結果として倉林氏が勝つと予想します。

 

 

共産党と立憲民主党は今回の参議院選挙の1人区では候補者を一本化し共闘する関係にありますが、京都府では長く敵対関係にあり事情が違います。

 

また、共産党はかつて京都府知事の与党であった時代もあるほど京都府では強い政党であり、近年は徐々に国政選挙での得票を減らしているとはいえ、京都府では20万票前後の集票力を持っています。

 

さらに、倉林氏は女性の支持が高く無党派層にも一定程度浸透しているため、前回2013年に獲得した22万票程度の票は今回も確保できると考えるのが妥当です。

 

一方、立憲民主党の増原裕子氏ですが、出馬表明が昨年12月で活動歴が浅いため、いかに有権者の認知度を上げ無党派層や推薦を受ける国民民主党支持層の支持を取り付けられるかが勝敗のポイントとなるでしょう。

 

京都府は、立憲民主党幹事長の福山哲郎や元民進党代表の前原誠司氏のお膝元であり、決して旧民進党系が弱い地域ではありません。

したがって、選挙戦の戦い方次第では増原氏が当選する可能性も十分あると思われます。

 

ところで、前回2013年参院選の京都府選挙区では、落選したものの日本維新の会の候補が16万票を獲得しています。

ところが、今回日本維新の会は候補者を擁立していませんので、この16万票を誰がどの程度獲得するかにより、選挙戦の構図は大きく変わってくるという要素があることも注目ポイントです。








まとめ

以上、参議院選挙2019京都府選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

京都府選挙区は、従来と同様に自民党、共産党、旧民進党系立憲民主党の有力3党が三つ巴で2議席を争う構図の選挙戦となりました。

党勢や候補者の知名度などから自民党の西田氏が抜け出す公算が強いです。

 

ただ、残り1議席が共産党の倉林氏になるのか立憲民主党の増原氏になるのかは予断を許しません。

女性同士の激しい戦い、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!