参議院選挙

参議院選挙2019三重県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から三重県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019三重県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【三重県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019三重県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち吉川 有美45自民参院議員(1期)
開票待ち門田 節代51N国元会社員
開票待ち芳野 正英44無所属元三重県議、元四日市市議

参議院選挙2019【三重県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の三重県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

三重県選挙区の定数は1で、立候補者は3名となります。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 吉川有美(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった三重県選挙区は今回も大接戦となりますが、今回は自民党現職の吉川有美氏が再選し、与党側が雪辱を果たすと予想します。

 

三重県は、1990年代に当時若手だった元民主党代表岡田克也氏や、実力者で元三重県知事の北川正恭氏が自民党を離党したことにより、与野党の実力が逆転し野党優勢の時代が長く続いてきた地域です。

 

それは、2000年代以降の参議院選挙で自民党が勝利したのは、今回改選の2013年参議院選挙での吉川有美氏が唯一であることにも表れています。

 

ただ、民主党政権が倒れて以降は岡田克也氏の影響力も低下し、三重県での与野党の勢力図は野党優勢から与野党伯仲に変化していると分析する報道も散見するようになっています。

 

その証拠には、2013年参議院選挙で自民党吉川氏が勝利したのに加え、2016年参議院選挙での野党統一候補の芝博一氏が得票率は49.7%と過半数を下回る薄氷の勝利だったことも上げられます。

 

したがって、2019年参議院選挙においての三重県選挙区は、候補者の知名度や選挙活動の展開次第では、与野党どちらが勝ってもおかしくない選挙区であると言えるでしょう。

 

今回の自民党候補 吉川有美氏は、候補者6人が乱立した2013年参院選で、37万票、44%の得票率で初当選を果たした候補で、三重県内での一定程度の知名度を有しており無党派層への浸透も十分期待できます。

 

また、2016年参院選での与野党一騎打ちと違い、今回は与党候補の票を削る働きをしていた幸福実現党が候補者を擁立していないことが吉川氏に有利に働くと思われます。

 

ちなみに、幸福実現党候補が2016年参院選で獲得した2万5000票弱が自民党候補に入っていれば、単純計算では当落が逆転していたということになるのです。

 

対する野党統一候補 無所属の芳野正英氏は、大接戦を繰り広げるものの、わずか及ばず次点となると予想します。

 

芳野正英氏は、最大のウィークポイントである知名度の低さをどれだけ挽回できるか勝負の分かれ目となるでしょう

 

幸いなことに、三重県での野党共闘は、市民団体「市民連合みえ」の仲介もあり比較的うまく機能していると報道されています。

 

最後まで粘り強く一票でも多く積み上げることで抜け出すことができるのか?要注目でしょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019三重県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

三重県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年参議院選挙では、野党候補が勝利をおさめましたが与野党の実力は拮抗しておりどちらに勝利の女神が微笑んでも不思議ではありません。

野党統一候補が連勝するのか、与党が雪辱を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!