参議院選挙

参議院選挙2019宮城県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

こちらの記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から宮城県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめています。

立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【宮城県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019宮城県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち三宅 紀昭57N国元会社員
開票待ち愛知 治郎50自民参院議員(3期)
開票待ち石垣 のりこ44立憲元FM仙台アナウンサー

参議院選挙2019【宮城県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の宮城県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

宮城県選挙区の定数は1で、3名が立候補しています。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 石垣のりこ(立憲民主党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった宮城県選挙区は、今回も野党統一候補である立憲民主党の石垣のりこ氏が当選すると予想します。

 

石垣のりこ氏は、宮城県では野党共闘各党間でのメディアで報道されるほどの大きな確執もないため、各野党の支持層から確実に票を集めることが期待できます。

 

また、石垣氏は元エフエム仙台アナウンサーであり新人ながら宮城県では一定の知名度もあるため、選挙戦を通じ無党派層への浸透が進むでしょう。

 

2016年参院選では野党統一候補で旧民進党の桜井充氏は51万票を獲得し、自民党候補に4万票の差をつけて当選しましたが、今回はそれ以上の差で勝つ可能性もあると思います。

 

対する自民党現職 愛知治郎氏の4期目の当選は実現せず、次点となると予想します。

 

当選3回の愛知治郎氏は、定数2だった今回改選対象の2013年参議院選挙ではトップ当選しました。

 

ただ、宮城県は、自民党の小野寺五典元防衛大臣、野党側は無所属の安住淳氏のお膝元と、与野党それぞれ強い議員のいる地域であり、与野党の力は拮抗しています。

したがって、野党が統一候補とした今回のような場合は、愛知氏が勝つにしても大激戦は免れません。

 

また、前回2016年参院選での自民党候補 熊谷大氏と比較して、愛知氏が特段知名度、存在感で上回っているわけでもありません。

そのため、愛知氏が勝つためには、自民党、公明党の支持層を固めるのはもちろんですが、それに加えて無党派層から大きく支持を獲得する必要があります。

 

ちなみに、愛知陣営にとってポジティブな内容として、2016年参院選と違い今回は幸福実現党が候補者を擁立していないことを上げておきます

幸福実現党候補は2016年参院選で1万9000票余りの得票を獲得しましたが、党の政策・公約などから見るに主に与党側の得票を削っていたと考えられるからです。








まとめ

以上、参議院選挙2019宮城県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

宮城県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年に野党統一候補の勝利となった宮城県選挙区では、今回も野党統一候補が優位に選挙戦を進めると予想されます。

ただ、自民党も安倍首相、菅官房長官をはじめ大物を続々宮城県に送り込み追い上げを目指しており、最後まで目が離せません

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!