参議院選挙

参議院選挙2019宮崎県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から宮崎県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019宮崎県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【宮崎県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019宮崎県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち長峯 誠49自民参院議員(1期)、元都城市長(3期)
開票待ち河野 一郎59幸福宗教法人幸福の科学巡回支部長
開票待ち園生 裕造41立憲税理士

参議院選挙2019【宮崎県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

こちらでは参議院選挙2019の宮崎県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 長峯誠(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった宮崎県選挙区は、自民党現職の長峯誠氏が再選を果たすと予想します。

 

 

元都城市長、元宮崎県議の長峯誠氏は、2013年参院選では、32万票、69%の得票率で圧勝、初当選した議員で、今回は2度目の立候補となります。

 

長峯氏の父、長峯基も元参議院議員・宮崎県議であることもあり、宮崎県での知名度はなかなかなものです。

 

また、2016年参議院選挙でも、自民党候補が62%の得票率で与野党対決を制しており、今回長峯誠氏が有力なのを疑う余地はないでしょう。

 

そもそも、宮崎県は、過去に保守分裂や郵政民営化への造反による取りこぼしはあったものの、基本的には自民党が大変強い県です。

 

したがって、宮崎県内の自民党の組織力も強固であり、足元を救われる余地はほとんど見当たりません。

 

さらに、今回は幸福実現党が候補者を擁立していないことが長峯氏を後押しします。

 

なぜなら、主に与党側の得票を削っていたと考えられる幸福実現党の候補者は、2016年参議院選挙で2万票を獲得していました。

 

今回の参議院選挙では、この2万票の多くは自民党に流れる可能性が高いため、長峯氏の優位はさらに強固なものになっていると思われます。

 

対する野党統一候補 立憲民主党の園生裕造氏は、落選すると予想します。

 

 

税理士である園生裕造氏は、和歌山県出身で、立憲民主党の公募に合格し国政選挙初挑戦の落下傘候補です。

 

ただ、園生氏擁立の動きが表面化したのは、公示1ケ月前の6月初めであり、知名度も乏しく出遅れ感は拭えません。

 

宮崎県での野党共闘自体は、堅調に機能しているようですので、支持層からの得票は一定程度望めるでしょう。

 

しかるに、自民党の強い宮崎県で野党候補が勝つには、直前での擁立となったのは致命的と思われます。

 

今回は厳しいと思われますが、是非次回につながる活動を繰り広げていただきたいと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019宮崎県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

宮崎県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決では、自民党候補が大勝しましたが、今回も自民党候補が有力だと予想します。

 

ただ、選挙では誰も予想しない結果となることが度々起こっていますので、最後まで目が離せません。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!