参議院選挙

参議院選挙2019長野県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

こちらの記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から長野県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019長野県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてください。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【長野県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019長野県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち羽田 雄一郎51国民参院議員(4期)
開票待ち斎藤 好明69労働者元高校教諭
開票待ち小松 裕57自民元衆院議員(2期)
開票待ち古谷 孝43N国社会保険労務士

参議院選挙2019【長野県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の長野県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

長野県選挙区の定数は1で、立候補者数は4名となる激戦選挙区です。

 

次に当選者とその予想です▼

  1. 羽田雄一郎(国民民主党)

 

前回2016年参議院選挙に引き続き与野党一騎打ちとなった長野県選挙区は、今回も野党統一候補 国民民主党の羽田雄一郎氏が当選すると予想します。

 

 

野党統一候補現職の羽田雄一郎氏は、故・羽田孜元首相の長男であり長野県での知名度は抜群で、無党派層からの支持も高く、自民党支持層の一部からも支持されています。

 

また、長野県での野党共闘の動きも活発で、所属する国民民主党はもちろんのこと、共闘する立憲民主党、共産党、社民党の各党支持層にも深く浸透しています。

 

さらに、長野県は、かつて故羽田孜元首相の自民党離党により多くの自民党支持層が野党側に乗り換えたこともあり、野党が与党に対し互角以上の力を持つ地域です。

 

したがって、ご自身や野党内での大きな不祥事や大失言など余程のことがない限り、羽田雄一郎氏の当選が覆ることはないでしょう。

 

対する、自民党の元衆議院議員 小松裕氏は、羽田氏には届かず落選すると予想します。

 

小松裕氏は、衆議院の長野1区で三回連続敗北したものの、うち二度比例代表で復活当選した元衆議院議員です。

 

そのため、一定程度の知名度を持つものの、羽田氏と比べてしまうとその知名度・有権者の認知度は大きく見劣りします。

 

せめて、衆議院議員であった期間中に国会での質疑が良い意味で大きな話題となるなど、知名度を上げる活躍があれば違う状況だったでしょうが、衆議院議員時代に大きく特筆すべき活躍はなかったと思います。

 

したがって、今回の選挙戦を通じて与党である自民党、公明党の支持層から確実に得票してもらうことに加え、もっと認知度を上げて無党派層から大きく支持を獲得する必要がある状況でしょう。

 

自民党は長野県選挙区を激戦区の一つととらえ、連日知名度の高い有力議員を長野県に送り込んでいます。

 

果たして小松氏が羽田氏をとらえ抜き去ることができるのか?要注目です。








まとめ

以上、参議院選挙2019長野県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

長野県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

野党統一候補の国民民主党 羽田雄一郎氏は知名度も高く非常に強い候補ですが、自民党の小松裕氏も元衆議院議員であり意地を見せて欲しいところです。

 

前回に続き野党統一候補が連勝するのか、与党が雪辱を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!