参議院選挙

参議院選挙2019長崎県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から長崎県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019長崎県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【長崎県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019長崎県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち古賀 友一郎51自民参院議員(1期)、元長崎市副市長
開票待ち白川 鮎美39国民会社代表
開票待ち神谷 幸太郎43N国元タクシー運転手

参議院選挙2019【長崎県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

こちらでは参議院選挙2019の長崎県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想です▼

  1. 古賀友一郎(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった長崎県選挙区は、自民党現職の古賀友一郎氏が再選を果たすと予想します。

 

 

元官僚で自民党現職の古賀友一郎氏は、2013年参議院選挙で得票率59%、36万票弱を獲得し初当選し、今回は2度目の出馬となります。

 

前回出馬時の選挙ですでに過半数を超える票を獲得できており、2016年参議院選挙でも自民党候補が過半数の得票で勝利しているため、今回も当選可能性が高いのは疑いのないところでしょう。

 

しかしながら、長崎県議会で自民党が分裂するなど、従来とは違う不安要素を抱える状況ではあります。

 

ただ、不安要素があるからこそ組織が引き締まっているとの報道もあり、大きな心配は必要なさそうです。

 

ちなみに、長崎県は、一部非自民側が強い地域があるものの、全体としては自民党が圧倒的に強い県であることも、古賀氏の大きな後押しになるでしょう。

 

一方、野党統一候補 国民民主党の白川鮎美氏は、落選すると予想します。

 

 

会社役員・NPO法人理事の白川鮎美氏は、昨年6月に立候補表明をしました。

 

最大のウィークポイントは知名度の低さでしたが、1年以上の準備期間があったこともあり、無党派層にも一定程度支持が浸透しています。

 

ただ、国民民主党には圧倒的知名度を誇る応援弁士がいないのに対し、古賀氏陣営には小泉進次郎氏が応援に訪れるなど、長崎以外からの応援物量に大きな差があるのは不利な要因の一つかも知れません。

 

ちなみに、長崎県での野党共闘はそれなりにうまく機能しているようですので、共闘する野党各党支持層からの投票も期待できます。

 

しかしながら、野党にそれほど勢いがない中、自民党の強い地域で議席を得るためには、知名度で自民党候補を上回り、かつ相手支持層から票を奪ってくる以外には手段がありません。

 

大変厳しいとは思いますが、最後まで、推移を見守っていきましょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019長崎県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

長崎県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も自民党候補の当選が有力です。

 

ただ、おもわぬ結果を招くことがあるのが選挙でもあります。

評判通り与党が連勝するのか、あるいは野党が雪辱するのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!