参議院選挙

参議院選挙2019奈良県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から奈良県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019奈良県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【奈良県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019奈良県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち田中 孝子64幸福幸福の科学奈良巡回支部長
開票待ち堀井 巌53自民参院議員(1期)
開票待ち西田 一美58無所属連合奈良会長

参議院選挙2019【奈良県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

続いて、参議院選挙2019の奈良県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想です▼

  1. 堀井巌(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった奈良県選挙区は、自民党現職の堀井巌氏が再選すると予想します。

 

元官僚 自民党現職の堀井巌氏は、2013年参議院選挙で35万票、58%の得票率を獲得し初当選し、今回は2期目の出馬となります。

 

前回すでに過半数を大きく超える票を獲得できていますので、余程のことがなければ今回も当選可能性が高いのは疑いないところでしょう。

 

奈良県は、馬淵澄夫氏など旧民主党の有力議員が一部いるものの、基本的には自民党が強い地域であり、現在は衆議院・参議院とも選挙区選出の国会議員はすべて自民党議員となっています。

 

したがって、奈良県内の自民党組織はがっちりと組織化されており、自民党が最も得意とする組織戦がつつがなく行われると思われます。

 

そのため、奈良県選挙区で野党サイドが自民党の牙城を崩すのはなかなか厳しいと言わざるを得ません。

 

ただ、唯一気がかりなのは、今回候補者擁立を見送った維新支持層の動向です。

 

奈良県での日本維新の会は、大阪府や兵庫県で持つほどの集票力はないものの、2016年参議院選挙で維新候補が12万票弱を獲得するなど、一定の影響力を有しています。

 

仮に、この10万票ほどの維新票を野党側が総取りするようなことになると、与野党候補の差が縮まり野党側に勢いを与えるリスクはあるのです。

 

一方、野党統一候補 無所属の西田一美氏は、堀井氏には届かず落選すると予想します。

https://twitter.com/Kazumi_Nishida/status/1152029424834895872

 

連合奈良会長の西田一美氏は、知名度もそれほど高くなく、県内の野党の組織力も自民党と比べかなり低いため、なかなか厳しい選挙戦になると思われます。

 

挽回のためには、共闘する各野党支持層に浸透させるのは当然ですが、維新支持層や無党派層からの支持で堀内氏に勝ち、かつ自民党支持層の一部切り崩しも必要となってくるでしょう。

 

相当厳しい戦いとはなりますが、劣勢を跳ね返した事例もありますので、推移を見守っていきましょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019奈良県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

奈良県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年は自民党候補の勝利となりましたが、今回も引き続き自民党候補が有力だと思われます。

 

ただ、何が起こってもおかしくないのが選挙であり、思わぬ大逆転を私たちは何度も目にしています。

 

下馬評通り与党が連勝するのか、野党が大逆転を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!