参議院選挙

参議院選挙2019新潟県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から新潟県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019新潟県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【新潟県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019新潟県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち打越 さく良51無所属弁護士
開票待ち塚田 一郎55自民参院議員(2期)
開票待ち小島 糾史43N国会社員

参議院選挙2019【新潟県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

こちらでは参議院選挙2019の新潟県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

新潟県選挙区の定数は1で、立候補者は3名となります。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 打越さく良(無所属)

 

前回2016年参議院選挙に引き続き与野党一騎打ちとなった新潟県選挙区は、今回も野党統一候補の打越さく良氏が当選すると予想します。

https://twitter.com/TomoniSaku2019/status/1151307846216110080

 

新潟県では、与野党の集票力は極めて拮抗していているので、どちらの勝利となっても不思議ではありません。

 

実際のところ、2016年参議院選挙では野党統一候補の森裕子氏が当選したものの、与野党の差は得票にして2,400票、得票率では0.2%とごくわずかなものでした。

 

また、米山隆一元知事のスキャンダル辞職に伴い行われた2018年の新潟知事選挙では、与党サイドの花角英世氏が野党統一候補を破っています。

 

したがって、2019年参議院選挙も与野党は大接戦を演じることでしょう。

 

野党統一候補の打越さく良氏は北海道出身の落下傘候補であり、その知名度の低さが最大のウィークポイントです。

 

ただ、新潟県では知事選を含め野党共闘での選挙活動が何度も行われていますので、野党陣営もつつがなく弱点克服の策を講じるものと思われます。

 

対する自民党現職 塚田一郎氏の3回目の当選はかなわず、次点に終わると予想します。

 

 

当選2回の元国土交通副大臣 塚田一郎氏は、定数2だった今回改選対象の2013年参議院選挙ではトップ当選しました。

 

しかも、候補者乱立の中43%以上の票を獲得していましたので、一定以上の有力候補と見られていたと思われます。

 

ところが、今年4月の下関北九州道路に関する「総理とか副総理が言えないので、私が忖度した」という塚田氏の失言で一気に情勢は悪化しました。

 

この種の失言は、無党派層が離れるのはもちろんですが、支持層からも批判を浴びるものであり、しかも選挙間近での失言ですので、払拭するのは容易ではないでしょう。

 

しかも、失言で触れられている安倍首相や麻生財務大臣が応援のため新潟入りしていることが、逆に忘れかけていた有権者に思い起こさせる逆効果となってしまうのではとも思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019新潟県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

与野党の実力が拮抗する新潟県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

野党統一候補は落下傘の新人候補で知名度に弱点を持ちますが、現職の与党候補も今年春のご自身の失言により足元が揺らいでいます。

 

野党統一候補が連勝するのか、与党が雪辱を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!