参議院選挙

参議院選挙2019大分県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から大分県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019大分県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【大分県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019大分県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち礒崎 陽輔61自民参院議員(2期)
開票待ち安達 澄49無所属元会社代表
開票待ち牧原 慶一郎41N国元会社員

参議院選挙2019【大分県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の大分県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 礒崎陽輔(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった大分県選挙区は今回も大接戦となりますが、自民党現職の礒崎陽輔氏が再選すると予想します。

 

 

元首相 村山富市氏のお膝元である大分県は、数少ない社民党がかなりの支持を維持する地域であるとともに、与野党の集票力が拮抗している県です。

 

したがって、与野党一騎打ちとなった今回は、どちらが勝つにしても僅差となるのは間違いありません。

 

ちなみに前回2016年参議院選挙では、271,783票 vs. 270,693票とわずか1000票余りの差で民進党の足立信也氏が自民党候補に勝利しています。

 

さて、今回の自民党候補、元官僚の礒崎陽輔氏は、年金問題に揺れた2007年参議院選挙で、郵政民営化に反対して自民党を離党した後藤博子氏から議席を奪い初当選しました。

 

その後、2013年参院選では、25万票、49.98%の得票率で再選し、今回は3度目の挑戦となります。

 

磯崎氏は、安倍内閣で側近として首相補佐官など長く行っており、まずますの知名度を有します。

 

また、大分県内での自民党の組織力も確かなものであり、支持層の取りこぼしも少ないでしょう。

 

さらに、2016年参院選での与野党一騎打ちと違い、今回は幸福実現党が候補者を擁立していないことが磯崎氏に有利に働くと思われます。

 

なぜなら、幸福実現党の基本政策・公約などから見るに主に与党側の得票を削っていたと考えられるからです。

 

ちなみに、2016年参議院選挙では、幸福実現党候補は2万2000票余りの得票を獲得しましたが、与野党候補の票差は1000票余りに過ぎず、自民党が雪辱するには十分な状況でしょう。

 

対する野党統一候補 安達澄氏は、わずかの差で敗れると予想します。

 

 

安達澄氏は、元朝日新聞社員で、2015年の別府市長選での4位落選を経て今回の立候補に至った野党統一候補です。

 

別府市長選への立候補経験があることから、別府での一定の知名度はあるでしょうが、その他の地域への浸透は課題でしょう。

 

ただ、大分県での野党共闘は組織だっており、支持基盤固めに加え無党派層への浸透など、やるべきことは高水準ですべて達成されると思われます。

 

その上で、磯崎氏に勝つための一押し要素があるか?となると、大きなものは見当たらず、幸福実現党が擁立していないネガティブな影響を受け、当選には届かないと思われます。








まとめ

以上、参議院選挙2019大分県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

大分県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決では、野党統一候補が大接戦を制しましたが、今回は自民党候補が雪辱を果たすと予想します。

 

ただ、どちらが勝つにしても大接戦となることは間違いなく、最後の最後まで目が離せません。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!