参議院選挙

参議院選挙2019岡山県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から岡山県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019岡山県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【岡山県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019岡山県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち石井 正弘73自民参院議員(1期)、元岡山県知事(4期)
開票待ち原田 謙介33立憲元NPO法人代表理事
開票待ち越智 寛之45N国会社社長

参議院選挙2019【岡山県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の岡山県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 石井正弘(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった岡山県選挙区は、自民党現職の石井正弘氏が再選すると予想します。

 

 

岡山県は、決して自民党が弱い地域ではないのですが、石井が登場するまでの3回の参議院選挙で旧民主党に議席を奪われてきました。

 

しかしながら、2013年の石井氏の圧勝、さらには2016年参議院選挙でも落下傘候補だった小野田紀美氏が過半数の票を獲得し当選しており、現時点では一時期の党勢の低下から脱し、岡山での強い自民党に戻っていると言っても過言ではないでしょう。

 

さて、2012年まで4期16年間岡山県知事をつとめた自民党現職の石井正弘氏は、岡山県内で抜群の知名度を誇り、幅広い年齢層から支持を集めています。

 

2013年の参議院選挙では49万票、65%の得票率を獲得し圧勝しており、今回も優位な戦いを進めるでしょう。

 

岡山県内の自民党組織もしっかりしており、死角はほとんどないと言っていいかと思います。

 

一方、野党統一候補 立憲民主党の原田謙介氏の当選はかなわないと予想します。

 

 

原田謙介氏は、若者の政治参加に取り組むNPO法人「YouthCreate(ユースクリエイト)」の代表で、今年1月に出馬表明しました。

 

その後、国民民主党と社民党、及び岡山県の共産党からの「推薦」を受けて、野党共闘の活動自体は活発に行われているようです。

 

ただ、原田氏の最大のネックは、新人であるがゆえの知名度・認知度の低さでしょう。

 

そのため、選挙戦を通じどれだけ岡山県民から認知度を上げられるかは非常に重要です。

 

また、共闘する各党支持層から確実に投票していただくのも、もちろん重要です。

 

相手候補が強いため、勝ちにまで結びつけるのは厳しいと思いますが、次につなげるためにも、一票でも多く票を積み上げる活動をしっかりやっていただきたいと思います。

 

その結果、どんな結果になるのか、注目していきましょう。








まとめ

以上、参議院選挙2019岡山県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

岡山県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も引き続き自民党候補が有力だと思われます。

 

ただ、勝負は蓋を開けてみないとわからないのも事実でしょう。

与党が連勝するのか、野党が大逆転を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!