参議院選挙

参議院選挙2019大阪府選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)の大阪府選挙区の最新の出口調査及び開票速報・確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

 

また、立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数など網羅していきますので参考にしてください。

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【大阪府選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019大阪府選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち浜田 健53安楽会社員
開票待ち太田 房江68自民参院議員(1期)、元大阪府知事(2期)
開票待ち東 徹52維新参院議員(1期)
開票待ち足立 美生代47オリーブ元派遣社員
開票待ち亀石 倫子45立憲弁護士
開票待ちにしゃんた50国民大学教授、タレント
開票待ち杉 久武43公明参院議員(1期)、公認会計士
開票待ち梅村 みずほ40維新フリーアナウンサー
開票待ち尾崎 全紀48N国出版業
開票待ち数森 圭吾39幸福党大阪府本部副代表
開票待ち辰巳 孝太郎42共産参院議員(1期)
開票待ち佐々木 一郎68労働者元会社員

参議院選挙2019【大阪府選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の大阪府選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 東徹(日本維新の会)
  2. 太田房江(自民党)
  3. 杉久武(公明党)
  4. 梅村みずほ(日本維新の会)

まずトップ当選は、日本維新の会の現職の東徹氏が最有力と予想します。

 

前回2013年参院選で100万票超えのトップ当選だった東氏は、父親の地盤を継ぎ政治家になったこともあり、地元での知名度、存在感はかなりのものです。

 

したがって、今回も前回同様安定した戦いを繰り広げられると思われます。

むしろ問題は、東氏が票を取りすぎることによって日本維新の会のもうひとりの候補である梅村みずほ氏から票を奪い取ることになってしまう可能性があることです。

 

日本維新の会は今年4月の統一地方選挙での勢いを維持しており2議席を獲得する実力は十二分にありますが、票の配分がうまくいくのかどうかは大きな焦点であり未知数だと思います。

 

次に、第2位には自民党の現職 太田房江氏が入ると予想します。

 

大阪自民党は統一地方選挙で惨敗したように低迷状況ではあります。

ですが、元大阪府知事の太田房江氏は知名度も高く、また自民党は共倒れを防ぐため大阪で2人目の候補を擁立していないため、当選圏内に入る可能性は非常に高いと思われます。

 

続いて、第3位は公明党の現職 杉久武氏の可能性が高いと見ます。

https://twitter.com/hisatake_sugi/status/1151687923718246402

 

公明党は大阪府で70万票前後の集票力があるため、当選圏内に入るのは確実です。

また、「常勝関西」である大阪府で、先の大阪知事・市長のダブル選挙で公明党が支持した候補が惨敗したこともあり、この参院選は支持母体の活動も活発なものになると思われます。

 

そして、第4位は、日本維新の会の梅村みずほ、立憲民主党の亀石倫子氏、共産党の現職 辰巳孝太郎氏の3名の争いとなり、結果として梅村みずほ氏が勝利すると予想します。

 

元タレント/フリーアナウンサーである梅村氏は、日本維新の会支持層の票が東氏に集中する中いかに自分への得票に変えられるか、また無党派層など維新以外の支持層からの支持をいかに取り付けるかがポイントでしょう。

 

弁護士としてテレビ出演もしていた亀石倫子氏は一定の知名度はあるものの、大阪での立憲民主党の惨状を踏まえると、前回2016年参院選のように当選ラインが67万票となってしまうと非常に厳しいと思われます。

 

ただ、維新の候補者間での票配分がうまくいかず、2013年参院選のように当選ラインが45万票前後になった場合には十分当選可能性が出てくるでしょう。

 

また、共産党現職の辰巳孝太郎氏も亀石氏と似たような状況であり、当選ラインが45万票前後まで下がれば十分可能性があると思われます。








まとめ

以上、参議院選挙2019大阪府選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

大阪府選挙区は、日本維新の会が4月の統一地方選挙の勢いを維持し2議席獲得できるかどうかが最大の見どころだと思います。

 

2016年参院選のように維新の2名の候補がうまく票配分できれば維新が2議席確保、票配分がうまくいかず当選ラインが下がれば立憲民主党や共産党候補との争いとなるという構図でしょう。

状況はかなり流動的だと思いますので、開票日まで状況の変化を注視していきましょう。

error: Content is protected !!