参議院選挙

参議院選挙2019埼玉県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

本記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)埼玉県選挙区の開票速報・開票結果、最新の出口調査を一覧にてまとめていきます。

立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので参考になさってください。

2週間と少しの選挙戦もいよいよ大詰めです。早速見ていきましょう。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【埼玉県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019埼玉県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち宍戸 千絵41国民元経産省職員
開票待ち伊藤 岳59共産党埼玉県県民運動委員会責任者
開票待ち矢倉 克夫44公明参院議員(1期)、弁護士
開票待ち沢田 良39維新元参院議員秘書
開票待ち鮫島 良司64安楽会社員
開票待ち熊谷 裕人57立憲元さいたま市議
開票待ち古川 俊治56自民参院議員(2期)、医師
開票待ち小島 一郎48幸福政党役員
開票待ち佐藤 恵里子33N国タレント

参議院選挙2019【埼玉県選挙区】立候補者の情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の埼玉県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその順位予想から▼

  1. 古川俊治(自民党)
  2. 熊谷裕人(立憲民主党)
  3. 矢倉克夫(公明党)
  4. 伊藤岳(共産党)

まずはトップ当選ですが、自民党現職の古川俊治氏が最有力と予想します。

 

2013年参院選でトップ当選した古川氏は、かつて医学関連のテレビコメンテーターをやっていたこともあり知名度も高く、今回も幅広く支持を集めると思われます。

自民党も共倒れを防ぐために複数候補の擁立を見送り引き締めを図っているようです。

 

推薦を出している公明党の矢倉克夫氏に自民票が流れすぎるというリスクはありますが、古川市自身の支持が底堅いため大きく票を減らす可能性は低いと思います。

 

次に、第2位は立憲民主党の熊谷裕人氏と公明党の矢倉克夫氏の争いとなり、熊谷氏が2位になると予想します。

 

熊谷氏は、国民民主党の宍戸千絵氏とともに支持母体である連合埼玉から推薦を受けていますが、党の勢い、及び立憲民主党の枝野代表のお膝元であることもあり、熊谷氏の方に多くの票が流れると見ます。

 

また、元さいたま市会議員である熊谷氏は、大票田であるさいたま市に地盤を持つ点が有利に働くでしょう。

 

そして、熊谷氏と争い第3位になると予想する公明党の現職矢倉克夫氏は、公明党が埼玉県で60万票前後の集票力を有しているため当選は確実です。

 

ただ、自民党票が予想以上に多く投じられる以外に大きく票を伸ばす可能性はないため、どの順位になるかは他の候補次第とも言えます。

 

続いて、第4位には前回4位で次点だった共産党の伊藤岳氏が有力です。

https://twitter.com/gaku_ito/status/1151419914067959809

 

伊藤岳氏は、過去3回連続立候補し落選していますが、徐々に票を伸ばし2016年には48万票を獲得し次点となりました。

今回埼玉県は定数が3から4に増加するため、前回並の票を獲得できれば十分当選圏内に入ってくると思われます。

 

最後に、次点は国民民主党の宍戸千絵氏となると予想します。

宍戸氏も熊谷氏同様に連合埼玉の推薦を得ているわけですが、やはり党の勢いから当選ラインを突破するのは厳しいだろうと思われます。








まとめ

以上、参議院選挙2019埼玉県選挙区の開票速報・開票結果、終盤情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

2019参院選埼玉県選挙区は定数が3から4に増加しますが、自民党、公明党の現職と立憲民主党の新人の3名は当選可能性がかなり高いと思われます。

 

今回増加する残り1議席は前回次点だった共産党の伊藤岳氏が最有力と予想します。

ただ、選挙は立候補者当事者のみならず党代表や衆議院議員などの思わぬ発言一つで、大きく情勢が変化する可能性もありますので予断を許しません。

開票日まで状況の変化を注視していきましょう。

error: Content is protected !!