参議院選挙

参議院選挙2019滋賀県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から滋賀県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019滋賀県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【滋賀県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019滋賀県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち服部 修45N国音楽塾代表
開票待ち嘉田 由紀子69無所属元滋賀県知事
開票待ち二ノ湯 武史42自民参院議員(1期)

参議院選挙2019【滋賀県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

次に参議院選挙2019の滋賀県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

滋賀県選挙区の定数は1で、立候補者数は3名です。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 二之湯武史(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった滋賀県選挙区は、大接戦の末、自民党現職の二之湯武史氏が再選すると予想します。

 

 

滋賀県では、かねてより与野党の実力には大差がありません。

 

そのため、国政選挙の結果はその時点の国政においての全国的な勢いに連動し、自民党に勢いがある時期には自民党候補が、非自民が優勢な時期には非自民候補が議席を獲得する傾向にあります。

 

その傾向は、旧民主党に勢いのあった2004年、2007年、2010年の参議院選挙では旧民主党候補が勝利し、その後の現安倍政権下での2013年、2016年参議院選挙では自民党候補の勝利という結果となったことにも如実に表れています。

 

したがって、与野党の国政での勢いや候補者固有パワーバランスに大きな変化がなければ、今回も同様な結果になると予想できるでしょう。

 

ちなみに、直近安倍政権のもとでの参議院選挙での自民党候補の得票率は、2013年には得票率53%、2016年には得票率52%と過半数を超えています。

 

そのため、今回も自民党候補が優勢とも言えますが、ことはそんなに簡単ではありません。

 

なぜなら、今回の滋賀県選挙区の野党統一候補が、高い知名度を持つ元滋賀県知事の嘉田由紀子氏だからです。

 

野党統一候補の嘉田由紀子氏は、2012年の総選挙に滋賀県知事のまま日本未来の党代表として臨みましたが、党は議席を7分の1に減らす大惨敗を喫しました。

 

また、2017年の総選挙にはご自身が滋賀1区から無所属で出馬したものの、各党からの推薦を断ったこともあり自民党候補に破れています。

 

このような状況から、一部には嘉田氏の人気に陰りがあるのではと分析する向きもあります。

 

ですが、嘉田氏の知名度自体は依然高いですし、野党共闘各党からの全面支援を受ける今回は一定程度の組織票を集めることも期待できるため、当選する可能性は十分あるでしょう。

 

いずれにしても、どちらが勝ってもおかしくない大熱戦が予想されますので、要注目です。








まとめ

以上、参議院選挙2019滋賀県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

滋賀県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年は自民党候補の勝利となりましたが、今回は野党統一候補として知名度の高い候補が擁立されていますので、勝敗の行方は最後までわからない大熱戦になると思われます。

 

与党が連勝するのか、野党が一矢報いるのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!