参議院選挙

参議院選挙2019静岡県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)の静岡県選挙区の最新の出口調査及び開票速報・確定した開票結果を一覧にてまとめていきます。

立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数など網羅していきます。

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【静岡県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019静岡県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち牧野 京夫60自民参院議員(2期)
開票待ち徳川 家広54立憲政治経済評論家、翻訳家
開票待ち榛葉 賀津也52国民参院議員(3期)
開票待ち鈴木 千佳48共産党静岡県常任委員
開票待ち畑山 浩一49N国トラック運転手

参議院選挙2019【静岡県選挙区】立候補者の情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の静岡県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 牧野京夫(自民党)
  2. 榛葉賀津也(国民民主党)

 

まずトップ当選は、自民党の現職 牧野京夫氏が最有力と予想します。

 

 

2013年参院選で得票率41%、63万票を獲得しトップ当選だった牧野氏は、与党が立候補者を牧野氏一人に絞っていることもあり、間違いなく当選するでしょう。

 

ちなみに、静岡選挙区は歴史的に自民党と旧民主・民進党系には大きな力の差はありません。

 

ただ、今回は民進党分裂の余波で国民民主党と立憲民主党がそれぞれ候補を擁立しており、両者間での票の奪い合いが予想される漁夫の利もあり、牧野氏が前回につづきトップ当選する可能性が極めて高いと思われます。

 

次に、第2位は国民民主党現職の榛葉賀津也氏と立憲民主党の徳川家広氏の争いとなり、結果として榛葉賀津也氏が勝利すると予想します。

 

 

分裂の禍根が残る国民民主党と立憲民主党は、野党の共闘を優先し、定数の多い大都市圏を除き他のすべて選挙区では最終的に候補者を一本化しました。

 

しかしながら、静岡県選挙区では、唯一候補者が調整できず立憲民主党が国民民主党現職に対し刺客を送り競合するという構図になってしまいました。

 

国民民主党現職の榛葉賀津也氏は当選3回で一定の知名度も実力もある候補ですが、旧民進党時代には自民党会派入りした、ともすれば裏切り者のそしりを受けかねない細野豪志氏の派閥に所属したことが、やや懸念材料ではありました。

 

ただ、今回の競合により一部離反は予想されるものの、連合静岡の組織自体は榛葉氏支持を鮮明にしています。

 

また、世論調査や先の統一地方選挙の結果をふまえると、静岡県は他県に比べ比較的国民民主党の支持者が多いことも追い風になるでしょう。

 

したがって、第2位争いは榛葉賀津也氏が優勢であると見ます。

 

一方、徳川宗家第19代で立憲民主党の徳川家広氏は、出馬表明が選挙直前の5月末となったことが何よりも痛いと思われます。

 

徳川家に馴染みのある静岡であるとはいえ、連合からの支持も得られず、国民・立憲間の対立争点も不明確で、かつ相手が一定の知名度を持つ現職議員であることから、徳川氏側に大きく流れが傾く展開は考えづらいところです。

 

もちろん、立憲民主党の公認ですのである程度の票は集めるでしょうが、当選するには至らないと思われます。








まとめ

以上、参議院選挙2019静岡県選挙区の開票速報・開票結果、当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

定数2の静岡県選挙区は、ここ20年ほど自民党と旧民主・民進系が一つずつ議席を分け合う結果となっていました。

 

ところが、2019年参議院選挙では、かなり前に立候補表明を行った国民民主党候補に対し、公示直前に立憲民主党が対立候補を擁立し、旧民主・民進系が分裂する事態となりました。

 

したがって、自民党候補は安泰でしょうが、旧民主・民進系のどちらが勝利するのか、最後まで目が離せません。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!