参議院選挙

参議院選挙2019栃木県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

こちらの記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から栃木県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめています。

 

参院選2019栃木県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【栃木県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019栃木県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち町田 紀光40N国自営業
開票待ち高橋 克法61自民参院議員(1期)、高根沢町長(4期)
開票待ち加藤 千穂43立憲元国会議員政策担当秘書

参議院選挙2019【栃木県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

それでは参議院選挙2019の栃木県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

栃木県選挙区の定数は1で、立候補者は3名となります。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 高橋克法(自民党)

 

前回に引き続き与野党一騎打ちとなった栃木県選挙区は、自民党の高橋克法氏が再選を果たすと予想します。

 

栃木県は、過去に渡辺喜美氏が離党してみんなの党を結成したことによる一時的な自民党支持者の離反はありましたが、基本的には一貫して自民党が強い地域であり保守王国と呼ばれる土地柄です。

 

また、再選を目指す高橋克法氏は、6年間の蓄積もあり栃木県内での十分な知名度を有しているため、無党派層からの支持も十分期待できるでしょう。

 

さらに、自民党栃木県議の後援会など県内の分厚い組織もフル稼働しており、現時点ではスキは見当たりません。

 

したがって、今回高橋克法氏は、みんなの党候補に得票が分散する中48%もの票を獲得した2013年参院選から大きく得票を上積みする可能性は高いと見ます。

 

ただ、参議院選挙は衆議院選挙と違い政権選択選挙ではないため、昨今の安倍政権の緩みに対し「お灸をすえる」という考え方の投票行動を与党支持者が起こすリスクは常にあります。

 

そのため、高橋氏が足元を救われ思わぬ結果を招く可能性は、ゼロではないとは言えるでしょう。

 

対する野党統一候補 立憲民主党の加藤千穂氏は、厳しい戦いとなり次点に終わると予想します。

 

栃木県での野党陣営は、野党統一候補を加藤氏に決めるのが5月下旬と大きく遅れましたが、組織自体は堅調に稼働しているようです。

 

ただ、加藤千穂氏は栃木県出身ではない落下傘候補でもあり、当選するためには野党支持層を固めるのはもちろんのこと、栃木県での知名度を大きく上げることが最大の課題だと言えるでしょう。

 

仮に大きく知名度を上げられれば、無党派層からの支持獲得で高橋氏を逆転する可能性も出てきますし、与党支持層を切り崩す可能性も出てきます。

 

野党サイドとしては、2回続けて一騎打ちに完敗するのはなんとしても避けたいところであり、選挙戦を通じての挽回が期待されるところです。








まとめ

以上、参議院選挙2019栃木県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

栃木県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

ただ、栃木県はかねてより自民党が強い地域であり、野党統一候補が勝利をおさめるのはかなり厳しいでしょう。

 

しかしながら、選挙戦は何が起きてもおかしくないことを示す過去の実例も多々あります。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!