参議院選挙

参議院選挙2019徳島・高知県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から徳島県・高知県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019徳島県・高知県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【徳島県・高知県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019徳島県・高知県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち石川 新一郎65N国元富士見市議
開票待ち高野 光二郎44自民参院議員(1期)、元高知県議(2期)
開票待ち松本 顕治35無所属県民連合高知国政対策委員長
開票待ち野村 秀邦69無所属元会社社長

参議院選挙2019【徳島県・高知県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

こちらでは参議院選挙2019の徳島県・高知県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 高野光二郎(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった徳島県・高知県選挙区は、自民党現職の高野光二郎氏が当選すると予想します。

 

 

一票の格差解消のため徳島県選挙区と高知県選挙区が合区され、2016年参議院選挙からできた選挙区が、この徳島県・高知県選挙区です。

一票の格差とは?わかりやすく意味や問題点・原因を説明!解決策や是正対策はあるの?こちらの記事では選挙における「一票の格差」についてわかりやすくご説明しています。一票の格差とは?その意味や問題点・原因、そして解決策や是正対策はあるのかについてもご紹介していきます。...

 

徳島県と高知県は、両県ともかねてより自民党が強い県ではあります。

 

ただ、国政全体での非自民陣営の勢いが強くなった時期には度々自民党が議席を失うなど、両県の自民党は、盤石であるというほどの強さは持っていません。

 

そのため、過去の両県での参議院選挙においても、自民と非自民は勝ったり負けたりを繰り返してきました。

 

しかしながら、現在の安倍政権になって以降は徳島県・高知県とも、衆議院、参議院の全選挙区で自民党候補が過半数の得票を獲得して勝利しています。

 

したがって、内閣や自民党の支持率に大きな変化が見られない今回の参議院選挙では、自民党候補が当選する可能性が高いと思われます。

 

さて、今回の自民党候補、現職の高野光二郎氏は、2013年の参議院選挙で得票率52%の票を獲得して初当選し、今回が2度目の挑戦となります。

 

高野氏は、地元高知での知名度が一定程度あるため、高知県選挙区であれば再選は間違いないでしょう。

 

ただ、合区選挙区であるため、地元ではない徳島県で十分な票を獲得できるかが、不安要素かも知れません。

 

実際のところ、2016年参議院選挙で当選した中西祐介氏の得票率は、地元徳島県では57%だったのに対し、高知県では49%とかなりの差が生じていました。

 

徳島県、高知県とも、しっかりした自民党組織を持っているので取りこぼしはないと思いますが、万が一高野氏の地元でない徳島県で票が伸びなかったら「あわや」という可能性はゼロではありません。

 

一方、野党統一候補 無所属の松本顕治氏は、落選すると予想します。

 

 

松本顕治氏は、共産党公認で立候補表明したのち、他の野党と共闘するために無所属に切り替えた候補です。

 

ただ、共産党ではなく無所属にしたとはいっても、共闘する他の野党の支持層には一定程度共産党に対する抵抗感の強い人がいることは疑いようのない事実であり、支持層を固めきるのは困難だと思われます。








まとめ

以上、参議院選挙2019徳島県・高知県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

徳島県・高知県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も引き続き自民党候補が有力だと思われます。

 

ただ、徳島県、高知県の自民党は盤石というほどまで強くはありませんので、おもわぬ結果になる可能性は十分あります。

与党が連勝するのか、野党が大逆転を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!