参議院選挙

参議院選挙2019鳥取・島根県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から鳥取県・島根県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019鳥取県・島根県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【鳥取県・島根県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019鳥取県・島根県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち舞立 昇治43自民参院議員(1期)
開票待ち中林 佳子73無所属元衆院議員(4期)
開票待ち黒瀬 信明34N国会社員

参議院選挙2019【鳥取県・島根県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

続いて参議院選挙2019の鳥取県・島根県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 舞立昇治(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった鳥取県・島根県選挙区は、自民党現職の舞立昇治氏が再選すると予想します。

 

 

一票の格差解消のため鳥取県選挙区と島根県選挙区が合区され、2016年参議院選挙からできた選挙区が、この鳥取県・島根県選挙区です。

 

鳥取県と島根県は、かねてより両県とも自民党が非常に強い地域です。

 

現役国会議員だけでみても、鳥取県は石破茂氏、島根県は細田博之氏、竹下亘氏など、自民党三役や各大臣などを歴任した大物が並びます。

 

鳥取県・島根県選挙区としての合区後はじめての2016年参議院選挙でも、自民党現職の青木一彦氏が62%の得票率で圧勝しました。

 

さて、今回自民党が擁立した舞立昇治氏は、2013年参議院選挙の鳥取県選挙区で得票率58%の票を獲得し初当選した議員で、今回が2度目の挑戦となります。

 

舞立氏は、地元鳥取での知名度も一定程度あるため、鳥取だけの選挙区であれば再選は間違いないでしょう。

 

ただ、合区選挙区であるため、地元ではない島根県で十分な票を獲得できるかが、不安要素かも知れません。

 

実際のところ、2016年参議院選挙でも青木一彦氏の得票率は、地元島根県では68%だったのに対し、鳥取県では55%とかなりの差が生じていました。

 

鳥取県、島根県とも自民党組織がしっかりしていて取りこぼしはないと思いますが、万が一舞立氏の地元でない島根県で票が伸びなかったらという一抹の不安はあろうかと思います。

 

一方、野党統一候補 無所属の中林佳子氏は、落選すると予想します。

 

元衆議院議員の中林佳子氏は、共産党公認で擁立されたのち他の野党と共闘するために無所属に切り替えられた候補です。

 

ただ、擁立を模索していた立憲民主党、国民民主党、連合は反発し、推薦や支援をせず自主投票となってしまったため、厳しく評価すれば「形だけの野党統一候補」であるとも言えるでしょう。

 

おそらく惨敗という結果になってしまうと予想しますが、次につなげるため一票でも多く票を積み上げる活動を展開していただきたいと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019鳥取県・島根県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

鳥取県・島根県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も引き続き自民党候補が有力だと思われます。

ただ、思わぬ事態が起こりうるのが選挙でもあります。

 

与党が連勝するのか、野党が大逆転を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!