参議院選挙

参議院選挙2019富山県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から富山県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019富山県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【富山県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019富山県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち西尾 政英58国民大学非常勤講師
開票待ち堂故 茂66自民参院議員(1期)、元氷見市長(4期)

参議院選挙2019【富山県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

続いて参議院選挙2019の富山県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 堂故茂(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった富山県選挙区は、自民党現職の堂故茂氏が再選を果たすと予想します。

 

 

堂故茂氏は、元氷見市長を15年、元富山県議を7年、さらに参議院議員6年と、30年近く富山県の政界にかかわっており、富山県内ではかなりの知名度を誇る候補です。

 

自身初の参議院選挙となった2013年参院選では、32万票、77%の得票率と圧勝しており、2度目の立候補となる今回も堂故氏が有力であることは間違いないでしょう。

 

そもそも、富山県は、過去に多少の取りこぼしはあったものの、基本的には自民党が大変強い県です。

 

また、今回は幸福実現党が候補者を擁立していないことも、堂故氏を後押しします。

 

なぜなら、2016年参議院選挙で幸福実現党の候補者は2万票弱を獲得していましたが、この票は主に与党側の得票を削っていたものと考えられるからです。

 

もちろん、富山県の自民党は組織力も強固であり、足元を救われる余地はほとんど見当たりません。

 

対する野党統一候補 国民民主党の西尾政英氏は、当選には届かないと予想します。

 

元富山県庁職員で講師の西尾政英氏は、国民民主党が2月に擁立を発表した新人候補です。

 

富山県内での野党共闘は大きな不協和音も聞こえてきませんので、それなりに機能していると思われます。

 

したがって、共闘する野党4党の支持層からの得票は十分固められるでしょう。

 

ただ、最も気になるのは、富山県内での旧民主・民進系の党勢の衰退です。

 

旧民主党が上り調子にあった2000年代には、民主党は富山で自民党と互角の戦いを繰り広げており、2007年の参議院選挙では自民党から議席を奪うほどでした。

 

ところが、政権を明け渡して以降は衰退の一途をたどり、2013年参議院選挙では候補者すら擁立できずに不戦敗という事態となってしまいました。

 

前回2016年参議院選挙でも、候補者擁立はできたものの、結果は得票率27%での大惨敗と散々な結果に終わりました。

 

一気に支持を戻すのは厳しいでしょうが、今回の参議院選挙が復調への何らかの足がかりとなるのか、要注目かと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019富山県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

富山県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決では、自民党候補が大勝しましたが、今回も自民党候補が有力だと予想します。

 

ただ、国政選挙では度々思わぬ結果となる選挙区もあるため、富山県選挙区とて何が起こっても不思議ではありません。

開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!