参議院選挙

参議院選挙2019和歌山県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から和歌山県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019和歌山県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【和歌山県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019和歌山県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち藤井 幹雄58無所属弁護士
開票待ち世耕 弘成56自民参院議員(4期)

参議院選挙2019【和歌山県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

ここでは参議院選挙2019の和歌山県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 世耕弘成(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった和歌山県選挙区は、自民党現職の世耕弘成氏が再選すると予想します。

 

 

経済産業大臣で自民党現職の世耕弘成氏は、1998年に伯父・世耕政隆の死去に伴う参議院の補欠選挙で初当選して以来、4回連続過半数の得票を獲得し当選して、今回5度目の立候補となります。

 

世耕氏は、その抜群の知名度もあり無党派層や他党支持者からも幅広く支持されています。

 

しかも、今回改選の2013年参議院選挙での得票率は77%と圧倒的に選挙に強い議員なのです。

 

今回の参議院選挙でも、世耕氏は自分の選挙区に張り付かず他の選挙区の自民党候補の応援に出かけるなど、世耕氏自身の選挙は、周囲からも勝負が見えていると評価されているようです。

 

さらに、今回の世耕氏の場合、地元に張り付かないとはいっても、公示直前から輸出管理の問題でニュース映像にて度々取り上げられており、経済産業大臣の仕事自体が選挙への好影響をもたらす好循環となっている側面もるでしょう。

 

もちろん、地元組織が楽勝ムードに浮かれて緩むということもなく、最高得票率を目指しきめ細かな活動を行っているとのことですので、まったく死角はない盤石な状況だと思われます。

 

一方、野党統一候補 無所属の藤井幹雄氏は、世耕氏には遠く及ばず落選となると予想します。

 

 

元和歌山弁護士会会長の藤井幹雄氏は、連合和歌山と国民民主党が中心となり擁立した野党統一候補です。

 

和歌山県での野党は、国民民主党の岸本周平氏が衆議院の議席を保持し続けるなど、勝負にならないほど弱いというわけでもありません。

 

ただ、世耕氏の知名度が高すぎるため現時点の世耕氏を破る候補を探し出すのは容易なことではないでしょう。

 

おそらく惨敗という結果になってしまうと予想しますが、次につなげるため一票でも多く票を積み上げる活動を展開していただきたいと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019和歌山県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

和歌山県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も引き続き自民党候補が有力だと思われます。

 

ただ、選挙で思わぬ事態が起こった事例はいくつもあるのも事実です。

 

大方の予想通り与党が連勝するのか、野党が大逆転を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!