参議院選挙

参議院選挙2019山口県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

ここでは第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から山口県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

また、参院選2019山口県選挙区の立候補者名一覧と党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【山口県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019山口県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち林 芳正58自民参院議員(4期)
開票待ち竹本 秀之63無所属元新聞社社員
開票待ち河井 美和子56幸福党県代表
開票待ち大内 一也45国民元鎌ヶ谷市議(1期)

参議院選挙2019【山口県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

ここでは参議院選挙2019の山口県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 林芳正(自民党)

 

前回2016年に引き続き与野党一騎打ちとなった山口県選挙区は、自民党現職の林芳正氏が圧勝すると予想します。

 

 

林芳正氏は、防衛大臣、農林水産大臣、文部科学大臣など参議院議員としては異例の5度も入閣している自民党屈指の実力者であり、飛び抜けた知名度を誇ります。

 

そのため、林氏は、初当選した1995年参議院選挙こそ45%の得票率に留まったものの、以降は過半数以上の票を集める完勝を続けています。

 

しかも、2013年参議院選挙では野党第一党だった旧民主党が候補者擁立を断念したこともあり、なんと79%の得票率で圧勝しました。

 

したがって、今回の山口選挙区で林氏が圧勝するのは疑う余地がありません。

 

ところで、林芳正氏は同じく山口県選出の安倍首相とは、敵とまではいかないものの競争・対立関係にある間柄です。

 

なぜなら、林氏の父である故・林義郎氏と、安倍首相の父である故・安倍晋太郎氏の時代から、中選挙区制時代の衆議院の同じ選挙区でしのぎを削る関係にあったからです。

 

にもかかわらず、現在の安倍政権においても農林水産大臣や文部科学大臣に任命されているわけであり、林氏の実力のほどがうかがえると思います。

 

一方、野党統一候補 国民民主党の大内一也氏の当選は、かなり厳しいと予想します。

 

 

国民民主党の大内一也氏は、2017年衆議院選挙 山口1区に希望の党から出馬し落選し、今回は国政選挙への2度目の挑戦となります。

 

したがって、完全な新顔ではないためスタート時点で知名度が全くないわけではありません。

 

また、共闘する立憲民主党、社民党、共産党及び連合との関係も悪くなく、野党共闘の活動自体は活発に行われているようです。

 

ただ、相手が非常に強い林芳正氏ですので、知名度、組織力など選挙に関するすべての面に置いて劣勢であるのは否めません。

 

林氏を逆転するのは厳しいと思いますが、次につなげるためにも、一票でも多く票を積み上げる活動をしっかりやっていただきたいと思います。








まとめ

以上、参議院選挙2019山口県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

山口県選挙区は、前回2016年参議院選挙に引き続き野党が候補を一本化し、与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年の与野党対決は自民党候補の勝利となりましたが、今回も引き続き自民党候補が有力だと思われます。

 

ただ、選挙はやってみなければわからないのも事実でしょう。

与党が連勝するのか、野党が大逆転を果たすのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!