参議院選挙

参議院選挙2019山梨県選挙区 開票結果速報と情勢出口調査・当選者・立候補者一覧

こちらの記事では第25回参議院議員選挙(7月4日公示・7月21日投開票)から山梨県選挙区開票速報及び確定した開票結果終盤情勢当確出口調査情報についてまとめていきます。

 

そして、参院選2019山梨県選挙区の立候補者名一覧や党派別情報、終盤情勢からの当確予想・当選者落選者得票数なども網羅していきますので、投票日までの参考にしてくださいね。

 

>>参議院選挙2019結果速報一覧・全国選挙区の最終結果まとめはこちら

参議院選挙2019【山梨県選挙区】開票速報・開票結果・NHK出口調査・当選者情報

参議院選挙2019山梨県選挙区の開票速報・開票結果はNHKなど各種報道メディアの最新情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち森屋 宏62自民参院議員(1期)、山梨県議(4期)
開票待ち市来 伴子41無所属元杉並区議(2期)
開票待ち猪野 恵司35N国バレエスタジオ経営

参議院選挙2019【山梨県選挙区】立候補者と情勢・当落予想

続いて、参議院選挙2019の山梨県選挙区の当落予想や選挙情勢を見ていきたいと思います。

 

まずは当選者とその予想から▼

  1. 森屋宏(自民党)

 

前回2016年参議院選挙に引き続き野党候補が統一された山梨県選挙区は、自民党現職の森屋宏氏が再選を果たすと予想します。

 

山梨県は、自民党は元通商産業大臣の故・堀内光雄氏、野党側は旧民主党幹事長の輿石東氏と、それぞれ大物議員を生み出した県であり、与野党ともそれなりの強みを持つ地域です。

 

また、与野党とも分裂選挙を経験するなど複雑な経緯をたどっている県でもあります。

 

自民党サイドは、小泉政権時の郵政民営化法案に関連した混乱以降、堀内光雄氏/堀内詔子氏と現山梨県知事の長崎幸太郎氏との間で長期に渡り衆議院選挙での保守分裂選挙が繰り広げられてきました。

 

一方野党側も、この参議院山梨選挙区で旧民主党の米長晴信氏が現職のまま離党したことによる分裂選挙を経験してきました。

 

しかしながら、これら与野党分裂の名残は今年1月の山梨知事選挙をもってやっと収束し、今回の参議院選挙でやっと与野党一騎打ちの構図が出来上がったのです。

 

さて、今回の自民党候補 現職の森屋宏氏は、山梨県議を4期務めたのち2013年参院選で参議院議員となった方ですが、山梨県内では一定の知名度を持ち、無党派層の多くや野党支持層の一部からも広く支持されています。

 

また、自民党関連の県内組織の活動も活発ですので、与党支持層から大きく票を取りこぼす可能性も低いでしょう。

 

対する野党統一候補 元社民党の杉並区議で無所属の市来伴子氏は、山梨県での知名度の低さが最大のネックです。

 

選挙戦を通じ知名度を上げていくことにより、森屋氏に対し無党派層からの支持で先行し、森屋氏に流れそうな野党支持票を取り戻すことで、勝負する環境が整うだろうと思われます。

 

選挙序盤は市来氏の知名度の低さから劣勢報道が続くでしょうが、逆境を跳ね返し森屋氏をとらえ抜き去ることができるのか?要注目です。








まとめ

以上、参議院選挙2019山梨県選挙区の開票速報・開票結果、選挙情勢からの当落予想・立候補者情報についてご紹介しました。

 

山梨県選挙区は、今回はじめて第3の有力候補のないすっきりとした与野党一騎打ちという構図となりました。

 

2016年参議院選挙では、第3の有力候補が存在するなか野党統一候補が勝利をおさめましたが、今回は与党の現職候補が優勢に戦いを進めています。

 

このまま与党が雪辱を果たすのか、あるいは逆転し野党統一候補が連勝するのか、開票日まで状況の変化を注目していきましょう。

error: Content is protected !!