参議院選挙

須藤元気の参議院選挙2019結果速報|当選落選予想や得票数・政策も紹介

こちらの記事では、参議院選挙2019から立憲民主党比例代表区に出馬した、元格闘家で現在はアーティストとして活動する須藤元気立候補者の開票結果を速報にてお知らせします

また、須藤元気氏の当選落選の結果予想や、経歴プロフィール、掲げる政策主張などについてもご紹介します。

 

須藤元気氏と言えば、格闘家時代は変貌自在のトリックスターとしてエンターテイメント性を発揮した格闘スタイルが世間を湧かせましたが、果たして今回の参議院選挙2019ではどのような結果を納めるのか気になりますよね。

それではご紹介します。

参議院選挙2019|須藤元気の開票結果速報と立憲民主党比例代表の開票結果・得票数一覧

参議院選挙2019における須藤元気候補者の開票結果や得票数は以下、NHKなどの出口調査や各種報道メディアによる開票速報が発表され次第随時こちらに追記していきます。

また、立憲民主党から出馬した比例代表候補者の開票結果も一覧にてお知らせします。

結果氏名年齢党派新旧主な肩書き
開票待ち石川 大我45立憲元豊島区議、参院議員秘書
開票待ち市井 紗耶香35立憲タレント
開票待ち今泉 真緒40立憲展示プランナー、デザイナー
開票待ち奥村 政佳41立憲アーティスト、気象予報士
開票待ち小沢 雅仁53立憲日本郵政グループ労働組合中央副執行委員長
開票待ちおしどりマコ44立憲芸人、記者
開票待ち小俣 一平67立憲ルポライター、作家
開票待ち川田 龍平43立憲参院議員(2期)
開票待ち岸 真紀子43立憲岩見沢市役所職員
開票待ち斉藤 里恵35立憲元北区議
開票待ち佐藤 香51立憲NPO法人理事
開票待ち塩見 俊次70立憲医師
開票待ち白沢 みき52立憲フリーアナウンサー
開票待ち須藤 元気41立憲元格闘家、元アーティスト
開票待ち中村 起子54立憲会社社長
開票待ち深貝 亨65立憲行政書士
開票待ち藤田 幸久69立憲参院議員(2期)
開票待ち真野 哲58立憲会社社長
開票待ち水岡 俊一63立憲元参院議員(2期)
開票待ち森屋 隆52立憲私鉄総連 交通対策局長
開票待ち吉川 沙織42立憲参院議員(2期)
開票待ち若林 智子57立憲元神奈川県議、元横浜市議








須藤元気は当選か落選か結果を予想

続いて須藤元気候補者の参議院選挙2019における当選落選の結果を予想してみます。

まず、立憲民主党から比例代表で立候補した須藤元気氏は当選濃厚でしょう。

今回初めて参院選に立候補した須藤氏。「変幻自在のトリックスター」の異名でプロ格闘家として活動した後、ダンスユニットを結成して多数のメディアに出演する等、大人から子どもまで幅広く知られています。

 

今回の選挙戦は浅草での演説からスタートしましたが、知名度の高さから街を行く人や商店街の人たちから握手や写真撮影の注文を受けていました。報道で取り上げられることも多く、発信力の高さに繋がっています

 

立憲民主党は共同通信が行った7月4、5日の電話世論調査を基にした議席獲得予測で、7~11議席獲得の可能性があるという結果が出ました。同じ日の毎日新聞の情勢調査でも10議席以上が見込めるという結果でした。

 

須藤氏はSNSや動画サイトを駆使した選挙戦を展開しており、触れる機会が多い若年層を中心に支持が広がっているのではないでしょうか。

 

元々の知名度の高さに加え、食の安全や地球環境保護の主張を自らの体験に基づいて語っており、投票しやすいと考える有権者が多く、立憲民主党の立候補者の中でも上位の得票数になるのではないかと予想します。

須藤元気氏の経歴プロフィールや掲げる政策主張

出典元:https://cdp-japan.jp/

  • 名前:須藤 元気(すどう げんき)
  • 現年齢:41
  • 性別:男
  • 党派:立憲民主党・新
  • 肩書:元格闘家
  • 学歴:拓殖大学大学院地方政治行政研究所修了
  • 職歴:格闘家、拓殖大学レスリング部監督、(株)アイデアリズム代表取締役、タレント

格闘家としてK-1を舞台に活躍、引退後は拓殖大学レスリング部監督を務めた。

タレントとしても活動し、ダンスユニットを結成してメディアに多数出演した。

今回立憲民主党から初立候補。

 

【主な公約・政策主張】

世の中をよくしたいと思っているたくさんの市民と一緒に、政治を変えるリーダーの一人になりたいと思います。よろしくお願いします。

食の安全

私の実家は東京の下町で割烹料理店を営んでいます。また、私自身も、格闘家としての体作りをするなかで、「何を食べるか」が人間の体を変えていくことを実感してきました。現在は、寿司職人、魚屋の店主、日本酒の利き酒師として、食に関する活動をしています。

日本には、独自の素晴らしい文化がたくさんありますが、食文化もその一つです。日本食は、美味しさ、美しさ、そして健康さから、近年では海外からの注目も集まりつつあります。

しかし、その一方で、農薬の過剰な使用、種子法廃止による遺伝子組換え食品への不安など、食への不安要素は日に日に増していっています。

そこで、私は一人の「食の専門家」として、食の安全を守るための政治に取り組みます。そして、誰もが美味しいものを「安心して」食べられる、そんな日本食の伝統を取り戻します。

 

地球環境保護

食の安全とも関連しますが、みんなが安心して暮らすために、地球環境の保護が緊急の課題となっています。

私が今特に危機感をもっているのは、農薬や除草剤の過剰な使用による生態系破壊、そして、プラスチックによる海洋汚染の問題です。

私自身、海外でもスキューバダイビングを行うのですが、海に入ってみると海中にたくさんのプラスチックが漂っているのがよくわかります。プラスチックが溶けて魚がそれを食べる、それを人間が食べるという現状に危機感を覚えています。
日本が世界に誇りを持って、環境政策をリードできるように政治家として取り組みます。

 

WE ARE ALL ONE

平和外交と多様性尊重社会の実現-

「WE ARE ALL ONE」とは、私が格闘家として日々リングの上から訴えてきたメッセージです。私は、憎しみでは相手を倒せないということを格闘技を通じて学んできました。

不安と対立を煽る外交政策ではなく、平和的で現実的な交渉を行う外交政策を実現すべく取り組みます。

そして、国内では、憎しみや偏見、差別を煽る政治ではなく、多様性と個人の尊厳を尊重する共生社会を実現できるよう取り組みます。








総括

立憲民主党から比例代表で立候補した須藤氏。

格闘家、タレントとして活動し多くのメディアに出演経験があり、須藤元気の名は広く知られています。

SNSや動画投稿を駆使し、無党派層の支持拡大を目指した選挙戦を展開しています。

 

食の安全や地球環境保護を自らの経験に基づいて主張しており、知名度の高さや親しみやすさと相まって、立憲民主党の比例代表の立候補者22人の中でも上位の得票数を獲得し、当選するのではないでしょうか。

error: Content is protected !!